ウォ-ク 伊勢街道

2009年09月01日

私の足跡 41 伊勢街道 三重県

    伊勢街道を行く

 3  見峠から伊勢神宮まで (三重県)    約 80 Km

 一日目
 
  高見峠から森(香肌峡)まで     約 20 Km

 K氏との2台の車で出発し、一台は高見峠に置き、もう一台は本日のゴ-ルの森(香肌峡)に置く。(この間 公共交通機関が無いから。)img20090713_1.jpg
 高見山の登山口(標高約450m)を9:00に出発。
 昨夜の雨のお陰で涼しく登れ有難かった。
 高野山町石道の植物の様相とは違っていた。
 小峠を過ぎ、大峠(約900m)に10:40に到着。
 ここから、頂上(1249m)までは急登で約一時間。


img20090713_2.jpg

 ここから、舗装された旧国道があったが 我々はこの近くから江戸時代からの伊勢街道に入る。img20090713_3.jpg
 
 道は細いが、所々に標識や墓標があり、茶屋跡等があり、楽しく下れた。途中、舟戸で昼食。
 山百合で有名な「波瀬」には、13:00過ぎに到着。「波瀬ユリ」は絶滅寸前となり、今、地元を上げてその保護に取り組んでいるとのこと。
 成功し綺麗な花を見せて欲しいものです。私たちは花季には早く 見ることが出来なかった。
img20090713_4.jpg

 波瀬は「波瀬ユリ」だけでなく、昔の家並みも残り、楽しませてもらった
 そこから、約一時間半で乙栗子に到着。ここでも、ユリの保護に取り組んでいた。
 気温も上がってきて、暑くてバテ気味の時、待ちに待って食べたアイスの美味かったこと。元気が出てきたので本日のゴ-ル地点森(香肌峡)の集落へ。16;00着。img20090713_5.jpgimg20090713_6.jpg        











 「森」に置いてあった車に乗り、途中の街道より約7Km北方にある中央構造線の断層が露出しているという珍しい所(月見露頭)に行くことにした。山道で道は細く、登り道で時間がかかった。しかし、二度と見ることが無いと思う所なので 良かった。
 高見峠からは各自の車で帰った。私は丹生川上神社中社に寄り、見学する計画で道を変えたが義母の危篤の電話が入り、急いで帰る。


二日目
  
  森(香肌峡)から小片野まで     約 30 Km 

 森(香肌峡)から出来るだけ伊勢に近づくことが大事だ。
 このコ-スは路線バスの通っている道なので 車は一台ですむので各自で行くことにした。
 早朝、5時に出発。スイスイと進み、6時40分森(香肌峡)に到着。出発。
 早朝で気温も低く、快調に距離を稼ぐ。飯高町コミュニティセンタ-に到着。img20090715.jpg 

 櫛田川の上流で川の水も綺麗で、奥香肌峡キャンプが下に見える。シ-ズンになると賑わうことでしょう。

 img20090715_1.jpg







 道端には いろんな草花が咲き、疲れを癒してくれている。
 ねむの木の花も「見てください」と言わんばかりに咲いている

 途中、「道の駅」より、昼食のお弁当を買い 昼には少し早いが朝食が早かったので食す。
 イベントのリハ-サルを見て出発する。

img20090715_2.jpg

 10時すぎに 数人の人達がお宮に集まって作業をしていたのでいろいろと話をしてもらった。本殿の裏側には樟の大木があると聞いたので見せてもらった。
 私の後にも数人が見学に来ていた。


 img20090715_3.jpg



 飯南町は お茶の産地で四方の山すそにはお茶畑が点在していた
 また、出来たお茶を売る店もあった。
 お茶を飲ませてくれる店もあった。
 
 松阪に 近づいて来たので人口も多くなり、コンビ二も目に付いた。

 13:00に道の駅「茶倉」による。道から少し離れた高台にあった。

 この頃から青空が広がり、暑さが厳しくなり、歩行のピッチが落ちる。
今日は、朝から曇り空で二度通り雨にあい、雨具をつけても涼しく歩けたのに急な日照りで暑さが身にしみる。
 ラッキ-なことにス-パ-があったので中に入り、冷たいものを買い、そこで飲んだり、帰りのバス(15:36発)または車(16:40発)でも飲む。
img20090715_4.jpg

 帰路、見逃していた八角形の釣鐘を見学。少し古びたお寺だが大寺院の面影があった。鐘自体が八角形で法華経が刻んでいた。どんなありがたい音色か聞きたいと思いながらその寺を後にした。


 三日目

   小片野から伊勢神宮まで     約 30 Km 

 今回で 伊勢街道の最終日。 早く行きたいが7月中旬になると涼しい日がない。パソコンで伊勢地方の気温を調べ、14日に決定。公共交通機関で行くと伊勢の歩き始めは遅すぎるので車を使用することにした。
 早朝 4時に出発。小片野の歩き始めは5時半。朝の涼しい内にと思い、ピッチを上げ、勢和に着き、そこから和歌山別街道を通り、勢和多気に。そして、当初の目的地・五桂池ふるさと村へ。8時過ぎ、着。食堂・娯楽施設があり、賑わうと思うが、本日定休日。
 しばらく歩くと熊野参詣道との分岐がある。紀伊半島の外周を歩くには ここが始発点となる。次回は紀伊半島の外周を歩くという目標ができた。
img_3655.jpg 成川弘法大師のお堂があり、近くに烏瓜(カラスウリ)の花があった。(この花は夜中に咲くと言われている。この時刻は 萎み始めていた。)

 外城田の集落には、道標・神社・お寺が多くある。たくさんの神仏に手を合わせ交通安全を祈る。

 涼しい日を選んだが、気温も上がり、辛くなる。「田丸城址」が見え出すと元気が出たが過ぎるとがっくり。熱中症に気をつけるため、木陰での休憩と水分補給の回数が多くなる。

 田丸には、古くからの醤油工場があると聞き探し求めたが意外だった。img_3666.jpg}「紀州街道」の碑を見て(ここで、大阪からの伊勢本街道と和歌山からの伊勢街道の合流点)、進むと古い家並みが続く。建て方は伊勢神宮を意識した独特の建て方である。伊勢が近づいた感じがする。

 中学生がテストだと言うことで下校してくる。態度がよくて殆んどの子が挨拶をしてくれる。元気がもらえて嬉しい。

 田んぼの中に東屋の休憩所があったので飛び込み休憩。先客に男性がいたので喋りながら休憩。軽い昼食。
 ゆっくり休憩し、度会橋を渡り、外宮までの約一時間を頑張ることにする。

 30分ほとで「柳の渡し場跡」に到着。文字が殆んど読めない看板があるだけ。
 尾崎行雄の立派な記念館が建てられていた。
 長い「度会橋」を渡り終え、外宮前で昼食。
 室温で身体も冷えて来たので、内宮に向け、出発。
 (最近 義母がなくなったばかりなので、両宮とも参拝を控えた。)
 外宮前は 交通量が多く、歩いて内宮への道は 地図を見てもわかり難い。
 img_3674.jpg気がつくと「皇學館大」を通っているので、遠回りの道を歩いていることがわかったが、木陰もあるのでそのまま歩いて、「猿田彦神社」に寄る。
 もう木陰もなく、グロッキ-気味だったが、「おかげ横丁」が見えてきたので元気が出た。

 かき氷の店に飛び込み一杯いただく。中には 「餡と餅が入っていて上から抹茶をかけたもの』500円。店の中には 3~40人が入り、外で待っている人もいた。


img_3678.jpg
  
 内宮の橋は立替で工事中だった
 タクシ-の運転手と立ち話をすると昨日よりましだがすごく暑いと言っていた。(橋下さん・東国原さんら熱い人が集まって全国知事会を開いているからだよと笑いあう)
 
 内宮 4時頃 最初バスで五十鈴川駅へ  近鉄で松阪へ  そしてバスで
 小片野へ。5時頃 車で まず高見峠を そして、橋本へ。


 紀伊半島横断 約180Kmを7日間で歩いた。その内4日間は四国歩きの夏休み(6~8月)を利用して歩いた

 次回からは、今年から始めている「四国遍路一人旅」の様子を書きます。

      



at 09:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月15日

私の足跡 40 伊勢街道 奈良県

     伊勢街道を歩く

  2 五条から高見峠まで(奈良県)   約 50 Km


 一日目

  和歌山県境から大和上市まで 

 和歌山県境にある万葉集で有名な「飛び越え石」を越え、奈良県に入る。
 殆んど国道24号線沿いだが二見駅を過ぎると街道が残っており、伊勢街道の面影を大いに残す新町通りである。漆喰塗りの壁や虫籠窓・格子の家々が連なり江戸時代にタイムスプリットしたかのような錯覚に陥ります。
img20090709_1.jpg
 ここは、江戸時代の初め頃からの町で 記録に残っている民家ではわが国最古(棟札に1607年の銘)といわれる「栗山家」があり、国の重要文化財となっている。

 また、ここ五条は江戸時代末期 尊皇攘夷派が最初に挙兵し、代官所を襲撃し、代官の首をはね、隣の櫻井寺を本陣として五条新政府を号し、倒幕の旗をあげた所です。
img20090709_2.jpgimg20090709_4.jpg











 上左は櫻井寺にある「天誅組本陣跡」の碑  右は代官の首洗い鉢

 ところが、政変があり、天誅組の義挙は大義名分をなくし、幕府軍に追われ、次回歩く鷲家で終わりをつげた。
img20090709.jpg

 その後、立て替えられた代官所の長屋門が公園の一部になつている。

約一時間ほど歩くと 天平の香り高い榮山寺がある

img20090709_5.jpg

 小野道風の書と伝えられる銘文のある国宝の梵鐘・

img20090709_3.jpgimg20090709_8.jpg










  国の重要文化財に指定されている石灯篭    国宝の八角堂も見事だ。

 下市口から更に東進する。

img20090709_9.jpg

そして六田に着く。そこには、渡し場(柳の渡し)跡があり、当時は賑わったと書いてある。
 そこから、大和上市まではすぐだったが列車の乗り継ぎに時間がかかり家には遅れた
 

 二日目

 大和上市から高見峠まで

 今回はK氏と同行する。
img20090709_6.jpg

 大和上市駅から歩くと昔の風情のある家並みが続いていたので写真を撮ったりしていると酒屋のおじさん(実は町の語り部さん)が詳しく説明をしてくれた。
道は宮滝遺跡の傍を通って行くのと三茶屋を経由して鷲家に行く道があるが 旧伊勢街道の三茶屋を経由して行くことにした。「妹山・背山」はここにもあるが和歌山県にもあり、紛らわしくなっている。


img20090709_7.jpg  ここは、 寺も多いが、大名持・久須斯神社等神社も多く、徳川家の寄進による神社もあった。

 三茶屋より小名峠の道となる。道は良かったが道しるべが少なく、一度道を間違え約30分ほどのロス。山の中で昼食。

 峠を越え、鷲家の集落に近づくと早速天誅組の兵士の墓に出あった。


 img20090709_10.jpgimg20090709_11.jpg











 鷲家と言えば天誅組の終焉の地である。早速 天誅組の遺跡の見学に出かける。ここで、道端で除草していた女性に声をかけるとこの女性は嫁いで来てから天誅組にかかわり、この6名の墓を守り、毎日お参りしているとのこと。
 よく参ってくれたと感謝され、近くの住居でお茶をよばれ、写真アルバムを見せてもらった。そして、小名峠を越えてきたとと言うとビックリ。そんなしんどい道は娘のとき以来通ってないとの事。
img20090709_12.jpg

 そこから 往復30分かかるが「天誅組終焉の地」の見学。そこには、二人の男性が清掃をしていた。鷲家地域のみんなで、天誅組の終焉の地を守っているようだ。
 また、ここは日本オオカミを見た最後の地と言われている。

img20090709_13.jpg

 見学に時間を費やしたので、急いで高見峠を目指す。木津トンネルはあるが我々は江戸時代の峠越え。しんどく、フウフウ言いながら峠に立つとスゴイご褒美があった。それは、目の前にあの秀麗な高見山が姿を見せていた。さすが関西のマッタ-ホルンと言われるだけ息をのむ。(車の通る道からも見えるが歩いて峠からの姿は格別だ)


img20090709_14.jpg

 そこから、バスの出発時刻を気にしながら約一時間でゴ-ルの登山口へ。
 バスで一時間で榛原駅へ。そして、何度も乗り換え帰宅。





at 09:18|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年08月01日

私の足跡 39 伊勢街道 和歌山県

伊勢街道(紀州街道)を歩く

 今までは、紀伊半島を南北に縦断して歩いていたが、今度は紀伊半島を東西に横断することにした。即ち、和歌山市から奈良を経由して三重県の伊勢市への道である。

img_1461.jpg

上の地図では 黒い線です。

 伊勢街道といえば、大阪市より奈良を通り伊勢に行く「伊勢本街道」の方が有名であるが、和歌山県在住の者として、この「和歌山街道」(この道はいろんな呼び方があるが1876年に統一した)を通ることにした。
 この道は ほぼ一直線で 東西に走る地溝帯(平地)を利用した自然発生的な通路といえる。 紀州の殿様の参勤交代の道であった。 (江戸中期より、大阪・京都経由に変わっている) また、本居宣長の通った道でもある。また、紀州の人々が伊勢詣に使った道でもある。また、生活の道でもあった。
 地理的には 「中央構造線(フォッサ・マグナ)」と呼ばれる「大断層線」の通っている所でもある興味深い道でもある。
 総距離は 約 180kmを7日間を費やし 伊勢神宮に到着。

 Ⅰ 和歌山市から橋本市の隅田まで (和歌山県) 約50Km

 一日目

   和歌山市からかつらぎ町の笠田まで 約30Km
img20090616.jpgimg20090616_1.jpg











  和歌山城の北方にある京橋門跡よりスタートする。今は時代も変わって昔の面影もないが標識のある所を出発する。

img20090616_2.jpgimg20090616_3.jpg 










  地名にも 江戸時代の城下町の大工町などが残っているが古い屋敷の面影を残す建物も残っている。
img20090616_4.jpg
 約一時間程歩くと一里塚跡がある。

 現在は この前に女子刑務所があり、多くの受刑者が収容されている。

img20090616_5.jpg





 8Kmほど歩くと対岸に渡る「渡し場跡」が現在の船戸にある。
 昔は たくさんあったと思われる旅籠が少しだが今も残っている。
img20090617_3.jpg


img20090617_7.jpg









  いろんな道標を見ながら、東へ東へと歩を進める。

 今、四国歩き遍路をしているが、道標は旅人にとって大切で有難いものかが痛感している。

 昔の旅人も、この道標を見て、どんなにホットし 喜びながら旅を続けたことでしょう。

img20090617_1.jpg

 伊勢街道で本陣として昔の面影を残し、見学もさせてもらえる貴重な建物です。 この「妹背家」は 有吉佐和子の有名な小説「華岡青洲の妻」で有名な「かえ」さんの実家です。華岡青洲は1808年世界で初めて麻酔して手術をした人です。何とか人体実験をと思っていた時、母と妻が申し出てその役を果たしたが母は病に、妻は盲目になってしまったが成功したという壮烈な話がある。
 今も 華岡青洲が住んでいた建物を復元しているので見学できます。
img20090706.jpg

 かつらぎ町に入ると 江戸時代の土木技術の最先端をいく大畑才蔵のすばらしい遺構が残っている。 八代将軍「徳川吉宗」がまだ紀州藩主の時代 藩の財政を立て直すため田畑を拡張するため、大畑に命じて用水路を造った。その技術は、当時としては最先端の技術で見事成功し目的を達して吉宗も喜んだ。
 でも、吉宗は八代将軍になり、紀州を離れ、江戸に行くことになった。吉宗は彼をつれていこうとしたが彼は地元にいたいということで残ったらしい。彼が残した遺構が各地に残っている。
 今回の終点付近(橋本)にも 江戸時代の遺構が たくさんある。 
img20090706_3.jpg

 推定樹齢400年とも600年ともいわれる「十五社の楠」は近畿で一番といわれる大楠木(幹の周りが13m)で笠田小学校を見下ろしている。この小学校を巣立った一万人以上の子ども達を見守っていたことでしょう。そして、これからも・・・・・。

 二日目

   笠田から橋本市の隅田まで 約20Km

 橋本は 縄文土器が残り、古くから人が住み、歴史のある所です。
 また、伊勢街道の家並みもあちこちに残つている。

img20090706_2.jpg
 大正時代に JR和歌山線が開通し、高野口は 名の通り高野山への表玄関となり、賑わった時もあったが 南海高野線が開通し、表玄関を譲ってから人が遠のき久しい。
 当時、このような旅館が二軒もあり、賑わっていた

 応其には、10里塚跡の近くに白鳳時代の名古曽廃寺跡があったり、奈良三彩の壷が出土したりしている。

img20090706_1.jpg 橋本では、豊臣秀吉の頃、応其上人が町を開いてから発達した。特に伊勢街道と高野街道が交わり、賑やかな町になった。今も当時の家並みが残り、本陣も残っている。

 隅田には 日本最古の金石文として有名な「人物画像鏡」(国宝)を社宝としていた隅田八幡宮がある。



img20090706_4.jpg

 真言宗 西大寺の末寺「利生国寺」がある。本堂は国の重要文化財である。 「大茶盛」もある


 奈良時代は都の人達が和歌山へ行く道(大和街道)となり、万葉集にもうたわれている。特に、橋本 笠田付近に多く残っている。
隅田駅の近くに「あさもよし紀人羨しも亦土山 行き来と見らむ紀人羨しも」の歌が犬養孝の筆になる万葉仮名で刻まれている。













at 12:27|PermalinkComments(1)TrackBack(0)