私の足跡223  カメラを持ってぶらり旅 7

2020年05月04日

 私の足跡 224 カメラを持ってぶらり旅 8


  私の足跡224              
                       
                
カメラを持ってぶらり旅 8

  
前回の冬の日本海の旅の続きです。
  
  次は 独特な妖怪で有名な水木しげるの博物館と周辺のロードへ。

  IMG_0242
 1922年3月8日大阪市で生まれ。鳥取県境港市で育つ。
 太平洋戦争時、激戦地であるラバウルに出征、爆撃を受
 け左腕を失う。

 復員後紙芝居画家となり、その後貸本漫画家に転向。
 代表作「ゲゲゲの鬼太郎」「日本妖怪大全」「河童の三平」
 「悪魔くん」など。

   2015年11月30日 死去。

 


  IMG_0239

  IMG_0243
  お馴染みの妖怪の絵がびっしりと展示され、外に出ると道端にも妖怪が並んでいた。

  次は江島大橋へ。

  c4f1a3cedf49bfea9d56b45df33bbd516b3bca6c[1]
  島根県側より撮影
  
  IMG_0235
  鳥取県側より撮影
  (上の2枚の写真は 傾斜が急な坂になるように撮影している)

  島根県松江市八束町から鳥取県境港市渡町へ中海をまたいで結ぶ、日本一のPCラーメン橋。全長1,446.2メートルで、5千トン級の船が下を通れるよう最上部は高さ約45メートルに達する。松江市側の勾配が高く、橋の横から見ると、よくわかる。
  通称「ベタ踏み坂」と呼ばれている坂は、正式名称を「江島大橋」といいます。某自動車のCMに登場し、それ以来観光スポットになっているそうです。アクセル全開=べた踏みということで、「べた踏み坂」といわれています。

  IMG_0219
  横から撮影。

  最後に足立美術館館に寄る。
  IMG_0154
 
  地元出身の実業家・足立全康(あだちぜんこう、1899年 - 1990年)が1970年昭和45年)、71歳のときに開館したものである。質量ともに日本一として知られる大観の作品は総数130点にのぼり、足立コレクションの柱となっている。 

 足立全康は裸一貫から事業を起こし、一代で大コレクションをつくりあげたが、その絵画収集にかける情熱は並外れたものであったらしく、数々の逸話が残されている。なかでも大観の名作『紅葉』と『雨霽る』(あめはる)を含む「北沢コレクション」を1979年昭和54年)に入手した際の武勇談は有名である。

 足立美術館のもう一つの特色は、その広大な日本庭園である。庭園は 全康自らが、全国を歩いて庭石や松の木などを捜してきたという。 専属の庭師や美術館スタッフが、毎日手入れや清掃を行っていて「庭園もまた一幅の絵画である」という全康の言葉通り、絵画のように美しい庭園は国内はもとより海外でも評価が高い。 





drecom_yama_ya617 at 15:02│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
私の足跡223  カメラを持ってぶらり旅 7