私の足跡 102  紀州漆器の町 黒江 等私の足跡 104 竹内街道を歩く 2

2012年02月01日

私の足跡 103 竹の内街道を歩く 1


  私の足跡 103 

        竹の内街道を歩く 1 
                                                  2011.12.

      お待たせしました。街道ウォークに戻ります。


     竹の内街道の起源は、推古天皇21年(613)に整備されたことにあります。難波と飛鳥を結び、わが国最古の官道となったこの道とほぼ重なる竹の内街道を歩くことにした。       
 この道は、時代に応じて役割を変えて来た。飛鳥と大陸との行き来を担う「外交の道」 聖徳太子信仰を支える「信仰の道」 物資を運ぶ「経済の道」・・・今も大阪と奈良を結ぶ大事な道を歩くことにする。

         IMG_1555

       IMG_1556
   街道は 堺の大小路(おおしょうじ)から始まる。上の写真は、今は川は無くなり、道路になっているが、昔の「おほせうぢばし」の標識が残っている所を通る。

       IMG_1558
      堺市役所の前を通り、仁徳天皇陵を右手に眺めながら進むと西高野街道との分岐にかかる。
        IMG_1560
        IMG_1561
      平安時代初期に、庶民の安全と五穀豊穣を祈願して創建されたといわれる金岡神社に参拝。

         IMG_1563
       所々に標識があったが、少なくて道に迷うことがあった。

         IMG_1564
      野中寺に到着聖徳太子と蘇我馬子の建立と伝えられ、「中の太子」と呼ばれており、竹の内街道に南大門を置く大寺院でした。  

          IMG_1565
     境内に残っている塔跡や金堂跡飛鳥時代の伽藍の一部は、国指定の史跡。 

          IMG_1566
        上記の古墳出土の石棺も国指定の重要文化財

           IMG_1567
         浄瑠璃でおなじみのお染・久松の墓もあった。

         IMG_1568
          IMG_1569
     上の写真は、正面からのお墓。下は碑の裏側。
           IMG_1570
     野中寺を出て、道を間違え、北寄りの道を通り、応神天皇陵を左手に見ながら進む。今日の予定は、古市駅迄だったがピッチが速く、時間があったので駒ヶ谷駅まで進むことにする。
     
           IMG_1572
     
           IMG_1573
       神社・仏閣の多く残る古市の街道を通り抜け石川を越えれば、ブドウで有名な駒ヶ谷駅に到着。

       帰路、途中二人で忘年会を。



drecom_yama_ya617 at 20:39│Comments(0)TrackBack(0)竹の内街道を歩く 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
私の足跡 102  紀州漆器の町 黒江 等私の足跡 104 竹内街道を歩く 2