2011年12月20日

私の足跡 100 頑張れ 東北 2


  私の足跡 100 
頑張れ 東北 2

   
第4日    2011.8.13
 
      ランプの宿を早朝に出発し、新青森駅へ車を走らせる。

      IMG_5630
     駅に到着後、レンターカーを返却し、朝食をとる。

      IMG_5631
      IMG_5632
      駅構内には、弘前のユースホステルで出会った高校生達の高校総体の看板や青森ねぶたの飾りも残っていた。


      IMG_5633
      新設なので、スッキリした感じの駅であった。

      IMG_5636
    そして、新設なった東北新幹線に乗り、一路一関駅へ。

      
       IMG_5638
        一の関駅に到着後、レンターカーを借りて一路栗駒山へ。

       IMG_5639
       途中、山肌には2008年6月の岩手・宮城内陸地震の傷跡が残っていた。
      そして、当時、被害が大きく、気になっていた駒の湯温泉等はいまだ復活なっていないという。この地区のランプの宿が早く回復できたらもう一度来てみたい所です。

       IMG_5640
       でも、一部う回路を通ったがやっと「いわかがみ平」へは通じたお陰で この地に来れたことを感謝している。

       IMG_5643
       駐車場を後にして、栗駒山(1627m)の頂上を目指す。


       IMG_5648
       40分足らず登ると栗駒山(1627m)の頂上が見えてきた。この頃より一昨日の臀部の痛みが強くなり、このままだと頂上を極めるのが難しいと感じて来た

       IMG_5656
  しばらくして、「初日にバスの遅れで中尊寺を行っていない。このままだと栗駒山登山も中尊寺も両方行けなくなる。」いろいろ考えながら歩いた結果、M氏に相談してみた。
 私の為に、ここで登山を中止してしまうが、急ぐと初日に行けなかった中尊寺へ行けるのではと提案し、M氏に了承してもらう。

 早速下山し、車を中尊寺へ向けて走らせる。

       IMG_5678

      初めは、毛越寺へ。寺伝によると  ・・・850年 慈覚大師がこの地を訪ねると白髪の老人が現われ、この地に堂宇を建てて霊場にせよと告げました。大師は、老人は薬師如来の化身と感じ,一宇を建立したのが始まりとされている。

       IMG_5687
       本堂 本尊薬師如来(平安時代作)   脇仏 日光・月光菩薩
            
       IMG_5688
       毛越寺の正門南大門。礎石12個が完存している。 
      IMG_5690
       この池には二つの橋があったという。

      IMG_5686
      大泉が池の中心とする壮大な浄土庭園が配されていた。

      残り時間が気になって来たので、中尊寺は私が以前行ったことがあるので、M氏は中尊寺に一番近い所の路上で降り見学に行く。私が車に残り、駐車場ではなく、路上で待っていたので短い時間で見学をすませることができた。そのため、予定の時間に駅に着くことができた。

       IMG_5712
       本年 登録されたばかりなので 喜びがよくわかる。

       IMG_5713
       一の関駅から仙台へ。在来線で

     IMG_5716
     仙台着 7時前。

    IMG_5723
    本日の宿舎に7時20分着。ユースホステルと言うが旅館であった。値段はユースホステルなみ。この旅館も東北大震災の被害が建物の一部にみられた。

    夕食は近くの食堂で済ませて、ゆっくり、寝る。
  

  5日目

      早朝6時過ぎに宿を出て、駅前で朝食。

       IMG_5725
      仙台駅からJR仙石線に乗り、塩釜へ。

      IMG_5728
      石森章太郎の出身地ということで彼の作品が描かれた列車

       IMG_5731
      本塩釜駅に到着。塩釜神社にお参りにいく。途中倒壊したり、半壊の家も見えた。

       IMG_5742
        8時に到着。まだ早く境内には参拝者がまばらだった。

       IMG_5746
       境内も広く、厳粛な感じのする神社である。

                IMG_5749
                 中に入っていくと より厳粛な感じのする雰囲気がある。

               IMG_5753
      境内から海の方を見ると町の向こうに海が見えた。津波の被害を受けなかったのは高台にあったからだ

                IMG_5757
      駅のホームの自動販売機には『節電にて販売中」とある。買ってみると少しも冷やされていませんでした。

                 IMG_5758
       日本三景の一つ松島へ。この時期観光客はすごく多かった。

                  IMG_5759
       松島の駅。

                   IMG_5768
        先ず松島瑞巌寺へ行くことにした。観光客も多くいた。

                    IMG_5773
       中に入ると、あちこちに洞窟が多くある。


       IMG_5780

       IMG_5782
       昭和34年国宝  庫裡(庫裏) 禅宗寺院の台所  大屋根の上にさらに煙り出しが載っている。特別公開されていた。(ここでは、写真撮影禁止のため、写真なし)
 大書院でも 本来本堂にある御本尊・大位牌等が特別公開されていた。
 博物館でも伊達正宗公の遺品や歴代藩主の画像も展示されていた。見学は時間を十分にとってゆっくり見学した、 
 
       IMG_5783
       本堂は 28年3月まで修理のため、非公開。

       IMG_5789
       見事な杉並木が続いている。

       IMG_5793   
       IMG_5795
       多くの洞窟がある洞窟群。

       IMG_5806
       五大堂へ見学に行く。

       IMG_5809

       IMG_5810
       807年 坂上田村麻呂の創建とされている。後に伊達正宗公が再建し 東北地方最古の桃山建築である。
       
      
       IMG_5823
        のれんを見て 東北ガンバレと声援を送る。
       IMG_5830
       列車の中から がれきや打ち上げられた船の残骸が見える。


       仙台に12時前に着き、仙台発12:17分の新幹線に乗り、東京で乗り換え、新大阪駅に17:30到着。

        次回は 近在の伝統的文化の残る町を訪問します。


drecom_yama_ya617 at 21:31│Comments(0)TrackBack(0)頑張れ東北 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字