私の足跡 94  熊野古道の伊勢路を歩く 7 始神峠越え私の足跡 96  熊野古道の伊勢路を歩く 9 荷坂峠越え

2011年11月01日

私の足跡 95  熊野古道の伊勢路を歩く 8 三浦峠・平方峠・一石峠越え




 大辺路・伊勢路を歩く  


  伊勢路 8  三浦峠・平方峠・一石峠越え

   IMG_2568



kuma18[1]

  前回の最終地点 人影がなく無人の三野瀬駅を出発
 

     kuma107[1]
 
駅を出て 前方を見るとこれからの三浦峠が見える。

     IMG_1037
 
三浦峠への急な上り坂が始まる。     
     
     img_64023_23308771_8[1]
  
突然 見事な橋が現われた。標識によると 世界遺産に登録された翌年(2005年)に両岸に残されていた基礎台を生かし、日本古来の橋が造られた。総工費 約2000万円だそうだ。
 ここより 今回の世界遺産の道約1kmが始まる。

     img_64023_23308771_6[1]

     img_64023_23308771_5[1]
 
三浦峠の頂上 この道を熊ヶ谷道とも言われている。

     img_64023_23308771_3[1]
 
峠を下っていくと、これから通る道瀬海岸と古里の集落が見えてきた。

     img_64023_23308771_4[1]
     kuma13[1]
 
古里の町は民宿が立ち並ぶ。古里海岸が広がる。紀伊の松島とも呼ばれるいくつかの島が浮かぶ海だから楽しく歩くことができた。
 
     kuma12[1]
 
若宮神社の前を通る。

   img_64023_23308771_1[1]
   IMG_1030
 鉄のゲートを通り抜けると山道に入る。平石峠への道は緩やかな登りのつづく林に囲まれた山道だ。峠の南に「平方」という地名があるから平方峠と名がついた。
 
   IMG_1031

     img_64023_23308771_0[1]
 いよいよ一石峠への登り坂が見えてきた。1783年の「巡礼指南車」によると「日和よきときは舟になど乗らず 一石古里へ」と書かれた由緒ある峠のひとつらしい。
         
     IMGP8972-s[1]
  
山道を下り終えると踏切を越え国道42号に出て紀伊長島駅に向かう。

     IMG_1029
 国道を歩いていると歩行者・自転車専用のトンネルがあったので通ることにした。長さが573mもあったので涼しい時間を過ごすことができた。

     IMGP8970-s[1]
 
駅に近づくと港がありたくさんの船があった。そして 紀伊長島駅へ。  

 今回の旅は 峠は三ヵ所あったが全て標高の低い峠であったし、優美な海岸線も歩けて心を癒してくれる楽しい旅だった。 


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
私の足跡 94  熊野古道の伊勢路を歩く 7 始神峠越え私の足跡 96  熊野古道の伊勢路を歩く 9 荷坂峠越え