私の足跡 83 東海道の完歩 18  川崎宿 ~ 日本橋  私の足跡 85 熊野古道の大辺路を歩く 1 富田坂・仏坂

2011年05月15日

私の足跡 84  東海道の完歩  19  歩き終えて



  東海道を歩く 19

 東海道を完歩して

   今回の「東海道完歩」には五つの目標があった。

  一つ目は その年の大河ドラマは「篤姫」が主人公だった。彼女の嫁いだ道筋を辿り、今も 眠る墓所に参ること。                   私の足跡 82
    
  二つ目は 雪を被った富士山を一日中眺めて歩く。   
                         私の足跡 79 

  三つ目は 富士山を見ながら薩埵峠を越える。       
                         私の足跡  84 

  四つ目は 箱根の峠を江戸側から越える。     
                         私の足跡  80 


  五つ目は 沿道の各地の行事や名所・旧跡の見学をする等。

    豊川の手筒花火と花魁道中   私の足跡  70

    湘南のロングビーチ        私の足跡  81                                                      
    東海道 088
            夜の横浜とブリッジ                                                                

  1  歩いた年の大河ドラマは「篤姫」が主人公だった。

    篤姫の墓所は 上野の寛永寺というのは知っていたがTV放送の最終回に墓所をTVで「ここで眠っている」と放映したので、見れるのではないかと思い行ってみた。しかし、実際は駄目だった。管理人も「あの放送ではたくさんの人がくると思う」と言い、実際私達のような人は多いと言っていた。
 また、「和の宮」の墓所がある増上寺に行った。ここでも、見る事はできなかった。

 将軍の墓所の大部分は 寛永寺と増上寺に別れて葬られていますが これは将軍が自分でどちらにするか決めていたらしい。だから篤姫は寛永寺で、和の宮は増上寺となっている。 

 2 雪を被った富士山を一日中眺めて歩く。
  これは、過去に雪を被った富士山や雲のかかった富士山等を見たことが何度かあるが、殆どは乗物から見るとか、または、短時間でゆっくりとは見てなかった。一度飽きるぐらい見てみたいとの思いでこの企画をした。そして、桜の花の満開時で雪を被った富士山を飽きるほど見たかった。それが成功し、大満足。
  

 3  薩埵峠から富士山を見る計画は一度目は道を間違えて見れなかった。
    2度目は、一人歩きの時で、時間を作って挑戦した。
    東海・東高・神護寺等 059
 
前日から天気予報を調べ、確実なのを由比駅でも確かめて峠を目指した。少し、雲があったが見えて満足した。

    東海・東高・神護寺等 069
 少し離れた所から撮影した。暑い7月には下に見えるこの道を歩いたのを思い出す。  

  3度目は、東海道完歩の後、フルメンバー4人で雪を被った最高の景色を見た。 

    東海道 109

    東海道 113

  この東海道歩きは、中山道歩きもそうだったが青春切符をふんだんに使った。

  東海道 112

  そして、東海道歩きでは、その青春切符が使える今では珍しい夜行列車「ながら」をふんだんに使った。




 「豆知識」  旅人はどこへ行ったのか?

      第3部  どこが人気があったのか

  一番人気は、伊勢である。伊勢神宮は神道の総本山であるから、その利益は数ある神社の中でも別格とされた。誰もが「一生に一度はお伊勢さん」ということで年間約60万人というのも凄いが、「お陰参り」の時は年間約500万人といわれている。
、「お陰参り」とは 1650年 1705年 1771年 1830年 1868年とあったらしい。

 伊勢参りが終わると京都。かつての都、由緒ある古刹の町、祭礼の神輿や儀式は憧れであった。また、御所・公家たちの館・服装等も物珍しいものだった。

 そして、天下の台所・大坂。東海道の大津宿を分かれて伏見宿・淀宿・枚方宿・守口宿・大坂迄きて、新鮮な野菜等は勿論市場の熱気を見たことでょう。

 これで、帰る人もいると思うが、更に足を延ばして、金毘羅さん 厳島神社 四国遍路へと向かった。

 帰りは中山道を通り、善光寺にお参りして帰るのが定番だったらしい。

 どこを通ってどれくらいの日数を使い、旅をしたのか3例をあげておく。

 A  宮城県高木村から江戸を通り、伊勢参りをし、大阪、京都、善光寺、日光を通り帰る。
       全行程2330Km  日数72日間  8人での旅 
 
 B  
大宮に近い大和田村から善光寺、伊勢、吉野、大阪、京都、江戸を通り帰る。
        日数49日間  新居と箱根の関所を避けるためか、遠回りをしている。     

 C  清川村善光寺、伊勢、大阪、岡山、善通寺、宮島、岩国、京都、江戸、日光を通り帰る      日数168日間  
  幕末の志士、今までの自分の生活を詫び、孝行の為母と二人の旅




   東海道完歩も19回を7ケ月をかけて書きましたが、皆さんには長い間お付き合いをして読んで頂き ありがとうございました。お陰さまでこのシリーズの間で アクセス数は、1000を越えました。どんなに励みになったことか。ありがとうございました。


     
次回からは 「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部 紀伊半島の南の縁にあり 世界遺産に指定されている所が多く残る大辺路・伊勢路を歩くことにする。 


drecom_yama_ya617 at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) ウォーク  東海道完歩 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
私の足跡 83 東海道の完歩 18  川崎宿 ~ 日本橋  私の足跡 85 熊野古道の大辺路を歩く 1 富田坂・仏坂