私の足跡 71 東海道の完歩 6  岡崎宿 ~ 御油宿  私の足跡 73 東海道の完歩 8  白須賀宿 ~ 舞阪宿  

2010年12月15日

私の足跡 72 東海道の完歩 7  御油宿 ~ 二川宿  


    tokaido_hdb_tizu[1]

      tizu1[1]

    west[1]
   
 東海道を歩く 7                        

     35
御油宿→ 34吉田→ 33二川宿

   
htm72[1]

   35」 御油宿 「旅人留女」 
           強引な客引きを旅籠の女中が退屈しのぎで見ている。 

hiroshige047[1]

 吉田 「豊川の橋」
       左側の橋は 長さ200m以上の吉田大橋(東海道で三大橋の一つ)
です。

        右側は普請中の吉田城です。

htm80[1]

 二川  「猿ヶ馬場」 
        名物「かしわ餅」の看板を出す茶店。その店に向かっているのは盲目の旅芸 人 と仲間たち。



 
御油宿の中心より、東進すると追分がある。

IMG_6678

 これは、浜松宿や見付宿に通じる本坂通(通称 姫街道)と豊橋を通る東海道との追分です。
    image88[1]

  本坂通は東海道の脇街道として重要な役割を果たしていた。(一説には 新居の関所の厳しい取り調べを避けるため 女性たちが多かった)
 とりわけ、宝永4年(1707年)の東海大地震によって「今切渡」が中断したさいは、大名はじめ通行人が本坂通に殺到したという。

 今回は 本坂通ではなく、東海道を行くことにした。

IMG_6608

  東進して、しばらくすると大社神社が見えてきた。

IMG_6668

 名前の通り、大きな境内を持った大きな神社でした。

 IMG_6557
  豊川橋(旧吉田大橋)が見える。広重もここに200m以上の大橋を描いている。

  豊橋は、中世では今橋とよばれたが、戦国期に吉田と改められ、明治になって豊橋になった。
  戦国期以降、東三河の要衝の地となり、三河をほぼ統一した徳川家康は吉田城に重臣酒井氏を入れ、東三河の旗頭とした。その後池田氏・小笠原氏等がお城の整備や町の整備をした。
   
800px-Castle_in_Inuyama[1]

   吉田城の一部で、桜に包まれ見事であった。

IMG_6588

 ある家の軒をみると、何と手筒花火が飾っていた。さすが手筒花火の町だと思った。

IMG_6584

 歩いていると提灯屋があった。立ち止まると声をかけてくれたので話を聞くことにする。
骨の組み立てから紙の貼り方まで細かいところまで教えてくれた。とても良い人に出会えて、感謝・感謝。

  


IMG_6505

  街道の上に小さな門がある。これは惣門です。この門の傍らには、十二畳の上屋敷、八畳の下屋敷、勝手があり門外の西側に駒寄せ場十一間がありました。
 惣門は 朝六つ(午前六時)から夜四つ(午後十時)まで開けられており、これ以外の時間は一般の通行は禁止されていました。

IMG_6543

 この門は 宿場の東の端と西の端にあり、上は東の惣門 下は西の惣門です。


IMG_6528

IMG_6535

 二軒の本陣は 二軒とも本陣跡の標柱があるのみである。

IMG_6536

IMG_6523

 脇本陣も 問屋場も脇本陣跡 問屋場跡の石柱のみである。

  ここ吉田宿は、城下町・宿場町として栄えたが、1945年6月の大空襲で灰燼に帰してしまった。そのため、旧東海道筋を示す標識等は整備されているが、昔の面影を偲ぶことはできない。


 次の宿場・二川宿はそれほど規模は大きくなかったが、明治に入った後も、鉄道駅が宿場町の中心から離れた所に建設されたことなどから、大きな開発の波が及ばなかった。それに、戦災による焼失もなく、かつての宿場町の雰囲気を色濃く残る宿場町である。     

 

IMG_6391

 古い民家もあちこちに残り、昔の雰囲気を味わうことができた。

IMG_6451

 高札場跡や問屋場跡なども残っていた。

IMG_6400

 手前は「旅籠屋 清明屋」 その向こうが1849年に築造された表門。

IMG_6416

 滋賀県の草津宿と並び、東海道でただ二つ現存する本陣の一つ。
 1988年に往時の姿を取り戻すために修理・復元が行われ、現在では建物の中の様子を見学することができる。

IMG_6432

 玄関を入るといくつもの部屋が奥に続いている。

IMG_6428

 いくつもの部屋の奥が殿さまの部屋。この部屋の隣には、見事な庭がある。

IMG_6402

 また、本陣の隣には、当時の旅籠の一部を復元した「旅籠屋 清明屋」も。武士の宿泊場と一般庶民の宿泊場。双方の違いが見比べられて興味深かった。
 
 また、豊橋市二川宿本陣資料館も併設されていたので時間をとり、見学した。


 ここからは、一路「白須賀宿」へ



 参勤交代について。

  参勤交代の制度ができ、東海道も整備され、宿場町も発展したが、各藩の財政を苦しめた。
  
  そのことについて記すことにする。
  
  鳥取藩(池田氏)の参勤交代の資料をもとにする。江戸迄の距離720kmを21泊22日で一日平均32.8kmである。総費用の43%の847両が人足費。25%の492両が駄賃。残りは備品購入費・修理代・船賃・宿泊費等です。
  大藩だった加賀前田家の従者の数は 約4000人もの大行列だった。その費用は今の貨幣価値では 7億円近くもかかったという推計もある。全て藩持ちなので藩の財政は大変だった。
 一方 街道の経済発展に大きく寄与した面もあった。道路は整備され、大勢が宿泊する宿場町が潤ったのだ。また、飛脚などの通信網の発達にも貢献した。

   
     


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
私の足跡 71 東海道の完歩 6  岡崎宿 ~ 御油宿  私の足跡 73 東海道の完歩 8  白須賀宿 ~ 舞阪宿