私の足跡 67 東海道の完歩 2 水口宿~関宿私の足跡 69 東海道の完歩 4 庄野宿~桑名宿

2010年10月21日

私の足跡 68 東海道の完歩 3 関宿~庄野宿


 東海道を歩く 3

 
 往来する人々
   江戸時代の
東海道は、さまざまな職業・身分の人が行き交っていた。
    たとえば、東海道は信仰の道であると言われるほど巡礼者が多くいた。
    東国の人々にとって、東海道は伊勢神宮や四国札所、西国霊場へのいわば参  
   道だったのだ。特に強烈だったのが、伊勢神宮に集団で参拝する「お蔭参り」と 
   いう一年間に数百万人の人々が参拝した現象が60年周期で4度あったので参拝        
   者の数はすこ゛かったらしい。
    
全国行脚する虚無僧の尺八と深網笠はおなじみだが、健常者ばかりでなく、目
   の不自由な按摩や女旅芸人なども多かった。
    
所要日数は普通14~5日だが、早駕籠では5日 大名行列では24~5日かか  
   ったと言われる。
    
   3     47 関宿→ 46 亀山宿→ 45 庄野宿           
        
         htm28[1]
       「47」関宿 「本陣早立」  本陣に宿泊した大名行列が、早朝出立する様子が描かれている。手前には 出立する大名の名を描いて青竹に掲げた「関札」、門や玄関には家紋入のまん幕提灯が見える。


    250px-Hiroshige_matin_clair_d'hiver_à_Kameyama[1]
  46」 亀山宿 「雪晴」 一面の雪景色のなかを進む大名行列の行く手に見えるのは、新しい亀山城。丘陵に建つ城を、京口門の側から見上げる構図である。石垣や櫓、番所を備えたこの門は、その豪華で壮麗の姿から「亀山に過ぎたるものなし」と謳われた。現在は その全てが失われ(白壁や櫓や土塀が連なる姿が白い蝶の乱れ飛ぶ姿のようだとして、「粉蝶城」の別名で呼ばれた亀山城。残念ながら、明治の廃城令により、殆どが取り壊された。)、当時の面影を偲ばせてくれるものは何もない。
htm28[1]
      
     45」 庄野 「白雨」  町外れの街道でしょう。激しく打ちつける雨と風の中、慌てて先を急ぐ人々の光景が描かれています。副題の「白雨」は夕立のこと。風雨に揺れる林の濃淡で表現されたシルエットが印象的で広重の絵の中でも、「名作」の一つらしい。 
         
  IMG_4988
  
 関宿の素晴らしい町並みに別れる。
 
 IMG_5014
 
 亀山への途中、広重の東海道五十三次の絵の一部が描かれていた。 

IMG_5046

 片側しか残っていないが樹齢は300年と言われ、木は幹回り5m、高さ20mの椋の木です。現存する東海道の一里塚の中では、最も見事なものの一つで、国の史跡に指定されている。

IMG_5060

 昔の建物はないが町の努力で屋号をかけて、趣を出している。

IMG_5033

 布気皇館大神社にお参りする。

IMG_5066

 亀山城が見える。黒板張りの多聞櫓と石垣が残っているにすぎない。
 亀山と言えば、ローソクで広告もあちこちに見えた。それに、ビッグなシャープの亀山工場も見えた。 
 

IMG_4406

 境内に見事な木があったので早速撮影した。詳しくは下記を。

IMG_4404


IMG_4416

 庄野の町並みはある程度往時の面影を残しており、中ほどに、問屋であった旧小林家の住宅があり、現在は庄野宿資料館となっている。

IMG_4412

庄野宿本陣跡

IMG_4420 庄野宿の街並み

 見事な古い町並みの残る庄野宿。

IMG_4426

 東海道五十三次の中で最も遅く、1624年に宿場町に指定された庄野。それ以前は静かな農村で人口も少なく、周辺の集落を集めて70戸でスタートしたらしい。
 ここはヤマトタケルの伝説が残る。伊吹山で傷つきなんとかここまで来たが、力尽き故郷の大和を見ぬままに息絶えた.近在の人々は墓をつくり悲しんでいたところ、その墓から一羽の白鳥が舞い上がり、大和の方へ飛び去って行ったというのが「古事記」にある。




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
私の足跡 67 東海道の完歩 2 水口宿~関宿私の足跡 69 東海道の完歩 4 庄野宿~桑名宿