2010年09月20日

私の足跡 65  スイス四大名峰へ 2

 前回のつづき

第四日

 ホテルを8:00頃に出発。いよいよ四大名峰の二つ目のアイガー・メンヒ・ユングフラウの三山を見るため、インターラーケン経由でラウターブルンネンへ。この三山とアルプス最大のアレッチ氷河(全長23km)が2001年世界遺産の自然遺産として認定されている。

2010-08-29 057
 登山電車に乗り換え、ミューレンへ (1634m)。

2010-08-29 058
 その後、アルメントフーベル(1907m)までケーブルカーに乗る。

 前回はグリンデルワルド経由で鉄道を何度も乗り換え、3454mのユングフラウヨッホの地下通路から超高速エレベーターでスフィンクス展望台(3571m)まで行って真っ青な空の下にあるアレッチ氷河やまじかにメンヒ・ユングフラウを見た。
 そして、帰りのクライネ・シャイデックでの
昼食後、私の大好きな作家・新田次郎がアイガー・メンヒ・ユングフラウの三山を眺めながら眠るお墓へ行ったのを思いだす。

2010-08-29 059
 今回の展望台は ユングフラウを少しはなれた所から見る場所である
 以前は、アイガーの北壁の急峻な岩壁もまじかに見え、列車もその中を通って走った。
 左からアイガー、真ん中はメンヒ、右手前はユングフラウの三山である。  
 
その後、アルメントフーベルからミューレンまでの約一時間の「花の谷ハイキング」に出発。

2010-08-29 060
 時期が過ぎていて自然のエーデルワイスは見れないので鉢植えのを見る。

2010-08-29 061
 お花畑は整備してくれていて、随所に花の名前を書いてくれていた。

2010-08-29 062
 広々とした所をゆったり楽しく歩けた。古ぼけた牧舎や牧畜があちこちに見える。

2010-08-29 064
 そして約一時間後、標高差約400m下のミューレンの町へ到着。

 
また、バスに乗り、インターラーケン(湖と湖の間にある町の意)を経由して憧れの町ツェルマットへ向かう。

2010-08-29 268
 この間約100kmあるが、標高約2000mのグリム峠やフッカー峠を越えた。
                                                            
 


 ツェルマットはガソリンを使った車は乗り入れ禁止だから、途中のテーシュで列車に乗り換える。(村内は電気自動車のバスやタクシーに馬車)

2010-08-29 066
 ここで、話題の氷河特急列車とすれ違う。私たちの列車は氷河普通列車です。

2010-08-29 068
 さすが、ツェルマットは世界の山岳リゾート都市で、日本の上高地とはケタが違う感じだ。これは、「魔の山・マッターホルン」が身近に見えるのも一つの原因でしょう。
 観光客の多さにもビックリ。それに、多彩な国の人達である。日本人もかなりいて、数では上位を占めている。(町や駅には英語・フランス語等と共に「歓迎」「ようこそ」の言葉が見られる。
 そして、この
ツェルマットには日本人が経営しているみやげ店や食べ物屋などもある。
経営者は日本人とは違っても従業員として働いている店もある。
 ホテル(ゴルナーグラード)は昔から営業しているらしく、部屋のキーも奥ゆかしく金属で重く、また建物も主人もこの地に合う感じがした部屋は三階だった。

2010-08-29 072
 この日の夕食は、OPで「2種のフォンデュとワイン飲み放題の夕べ」だったが、私たちは日本食を食べに「妙高」に行く。
 この店の他の店員は地元の人のようだが、実際寿司をにぎっている人は日本人なので、いろいろ教えてもらう。

 店名の「妙高」は、日本の妙高と姉妹都市だから。
 日本で修行し、スイスに来て、3年。独身。年に一度店から日本への旅費をもらい、帰るのが楽しい。
 ここ
ツェルマットのシーズンは夏と冬だ。冬のスキー客は長期滞在者が多いので夏より忙しいとのこと。
 寿司のネタは日本からかと聞くと大半はイタリアからとのこと。等 

 いろんな和食があったが、私は「寿司」と決めていた。メニューを見ると、「にぎり盛りあおせ」の下に、何と「マッターホルン」とある。私は迷いもなくそれとビールに決めた。

2010-08-29 069
 ノリを使わない巻きずしにいろんなネタを入れたものを積み上げたもので上にスイスの旗が立てていた。久方の日本食でもあってか、最高の夕食だった。

 その帰りに、日本人が経営している土産物屋に寄った。途中、主人が出てきたのでいろいろと話を聞く。  大阪を出て、5年前やっと開店した。景気はと聞くと、今は「ボチボチです」と言っていた。
 ホテルは駅前にあり、駅にはKioskがあり、駅前にはスーパー(C00P)があり、食料であれば何でも揃っている。 


第五日

 早朝、希望者のみ、6時15分にロピーに集合し、朝焼けのマッターホルンの見学に出かけた

 前夜の空から期待はしてなかったが、やはりマッターホルンに
ガスがかかり、一部しか見えなかった。
2010-08-29 076
 あきらめて、部屋にもどり、窓をあけるとマッターホルンの全容ではないが、見えるではないか。
 知り合いを呼び、共に見て朝焼けを待ったが駄目だった。

 
2010-08-29 083
 でも、頂上から少し下の所にある山が朝焼けをし始めた

 本日の本番は マッターホルンを最も美しい角度から眺める事ができると言われるスネガ展望台に行くことだ、そして、日本人のガイド付きでの2時間強のハイキングだ。2293mのスネガから1631mのツェルマットまで標高差683mで約4.7kmを下る。

2010-08-29 283
 8時出発.地下ケーブルで約10分でスネガ展望台に到着マッターホルンはどうかと見ると、やはり全容は見せてくれない
。 

 早速、日本人の観光ガイドで、ハイキングに出発。
2010-08-29 286
 15分程下るとライゼー湖に到着。湖面に逆さマッターホルンが映るかどうか心配したが絵ハガキのようでないが映っていて満足。

  2010-08-29 296
   フィンデルの村に入ると道沿いに何軒かの家があり、そして、少し離れた所にも数軒の家が散在している。そのほぼ真ん中に、白いチャペルがある。

  ここは、ハイキングコースなので 休憩所を兼ねたレストランもあった。

   2010-08-29 093
 付近には、羊や牛が放牧されていて、道に出て我々を歓迎してくれているのか または邪魔者が来たと思っていのかわからないが 近づくまでじっと見ていた。

2010-08-29 095
 そして、この地方によく見かけるねずみ返しのある家です。この付近でよく産出される「鉄平石」で屋根を葺き、地面からネズミが上がらないように各柱に鉄平石をつけている。

  2010-08-29 295
 このハイキング道ではマッターホルンを見るのが最後という所だったが相変わらず頭の上の部分は見せてくれなかった。多くの命を奪った有名な北の壁の眺めはは今までで一番良かったか? 

 高度を下げ、しばらくするとカラマツの林に入り、緑に囲まれた快適な道を下っていくとずっと下方に見えていた線路を横切る。ツェルマットの町に入り、2時間強のハイキングも終了。
2010-08-29 300
  町の人々は、各自の家を花で飾っている。
 昼食を含め、約2時間の自由時間があったので、女性は買い物、私は一人で山岳博物館へ。この地方の歴史や生活も分かったが、それよりも登山記録を展示するスペースもあった。その一部に、8度目の挑戦で初登頂したウィンパーのコーナーがあった。帰路陥落事故があり4人の命を奪った際の切れたザイルも展示されていた。
 その他、各山へ登攀したたくさんの登山家の写真が展示されていたが、日本人も初登攀の記録があったと思うが展示されていなかった。

2010-08-29 075
 その後、帰りがけに 教会の中に、登攀中での事故で亡くなったであろう人の墓があり、冥福を祈った。多分、マッターホルンの見えるここに愛用のピッケルとともに葬られているのであろう墓前の花は 新しく綺麗だった

 その後、駅前のCOOPというスーパーで買った昼食を駅前広場で食す。他のツアーの日本人とも仲良くなる。
 そして、14時発の列車で昨日のテーシュへ。そこで 専用のバスに乗り、約150km先の国際都市・シユネーブへ。近年 開業したというエキスプレスハイ ホリディインというホテル着、18時。今回はこのホテルで連泊。 荷物を置き、食事へ。

2010-08-29 302
 ホテルの部屋に入るとテレビがついていて上の画面を映していた

 第六日


 6時15分、朝食。7時出発。四大名峰の四峰目・今回の最後で ヨーロッパ最高峰のモンブランをはじめ、氷河の絶景見学。

2010-08-29 321
 バスで約80km先までバスで行き、ロープウェイを乗り継ぎ、プレヴァン展望台(2525m)へ(左側)。正面に見えるのはプランブラへ展望台。
 (この展望台ではハンググライダーが
飛び 下まで降りてくる。そして、また、ゴンドラに乗り 上から下へと楽しんでいる。)

2010-08-29 111
 
最初の展望台・プランブラへは6人乗りのゴンドラで。途中シャモニーの村が眼下に一望できる。

2010-08-29 106
 私たちは プランブラへ展望台から左の山頂・標高2525mのプレヴァン山頂展望台へ大型ゴンドラで。
、(かすかに ゴンドラのロープが見える)

2010-08-29 112
 そこから、更に5分ほど登ると展望台がある。前方には、ヨーロッパ最高峰のまるい頭のモンブラン(4807m)(正面一番奥の山)とスケールの大きい氷河(正面下に垂れ下がっている感じのもの)がスゴイ

2010-08-29 104
 それの左手には針峰の山々も見える。

2010-08-29 108
 そして、エギー・デュ・ミディ展望台(3842m)も見える。
  

 
下山後、シャモニーで一時間の自由時間を。私たちは町中と山の見えるポイントへ。

 2010-08-29 325
 シャモニーでの町中散策の途中 モンブラン方面を見る。
 
2010-08-29 121
  氷河が町の近くまで流れて来ているのが良く見える。

  
そして、約80km先のジユネーブの町へ移動し、そこで二手に別れる。 

 一つはジユネーブの見学。もう一つのグループは 「世界遺産ラヴォー地区の散策とワインテイスティング」とに別れる。

2010-08-29 130
 私は9人で世界遺産ラヴォー地区へ。バスで行くが途中昼食をとり、ラヴォー地区へ。

 私がラヴォー地区を 選んだ理由としては 今世界遺産マスターをしているが ラヴォー地区のブドウ畑が世界遺産に選ばれたとは知っていたが一般的にいう世界遺産とは少し違うのでどうしてかという疑問を持っていた。今回の旅行の目的もそれを知るためだった。

2010-08-29 137
 今回は添乗員さんに ある一軒のワイン工場を案内してもらった。レマン湖を見下ろす素敵な場所で有名なシヨン城が見え、遠くにはモンブランも見える絶好の場所である。
 
2010-08-29 134
 ご主人にワインの貯蔵している所に案内してもらう。年中気温と湿度を一定にしているとの事。大きな樽が並べている。樽には絵が描いている。おじいさんが絵が好きで描いたとの事。
2010-08-29 133
 そのうちの一つを開けてもらい試飲する

 その後、美味しい飲み方等と共に私の疑問を説明してもらう。
 彼は 私はワインづくりで世界遺産の専門家ではないがと前置きして、風光明媚な所だけでなく、昔からこの村は採れたブドウを各家ごとにワインにし、ブドウの種類はもちろん造り方も各家ごとに独特の味を作り出している。出荷も各家で違う。日本へは、今日のように買いに来てくれた人には販売しているとの事。ブドウ畑も段々畑で主におじいさんが開いたとの事。ブドウも昔からのワイン用のものだけを作っている。
 添乗員さんの通訳で聞いたことを断片的だが書きました。

   2010-08-29 152
         ワイン用のブドウ畑

 帰りはジュネーブを通って帰った。メイン通りのモンブラン橋を通った。国際連合欧州本部などのある国際機構の中心部分なので、各国の要人の乗った車は、ナンバープレートに「ある記号」がついている。そのため他の車はよけて通るらしい。(事故を起こすと大変なことになるから)  

2010-08-29 123
 バスの車窓から見えた建物も威風堂々の建物が多い。

2010-08-29 127
 この大噴水は 約100年前に観光客集めの話題作りに始められ、高さは140mに達するらしい。
 当初は事故等もあったらしいが、今は噴水守が天候等に合わせて噴出力を調整しているらしい。
 その後、ホテルに帰る。


第七日
 
 7時30分朝食。8時30分にホテルを出て、ジュネーブ空港へ。
 ジュネーブ空港を11時に出発。

2010-08-29 144
  ジュネーブ空港を11時に出発。眼下にジュネーブの町。

2010-08-29 146
 機中よりいろんな感動を与えてもらったアルプスの山々に見送られて、スイスと別れる。

 そして、アムステルダム空港を経由して、現地時間14時に出発。
 そして、約11時間後の日本時間 9時に関空に到着。

 





drecom_yama_ya617 at 00:00│Comments(1)TrackBack(0)登山 スイスアルプス 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by チョウシモン   2010年12月19日 22:19
初心者のためのカメラ講座のチョウシモンです。

記事にお酒はつきものですねー。日本アルプスでも、スイスでも。
実はチョウシモンも毎日についてます。酒はいいですね~。

スイスのマッターホルンの雲は「ふぅーっと一息吹きかけたら、飛んでいきそうな近さですね。

素晴らしい!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字