2014年05月

2014年05月15日

私の足跡 155  大和街道ウォーク 2 

 私の足跡 155
  

     大和街道ウォーク 2



  今回(4月23日)は 前回の続きで 中飯降駅から名手駅迄の約12kmです。

中飯降駅に9時10分に集まり、9時半スタート。

katu03[1]
しばらく歩くと,道端に一字一石塔が見られる。特に このかつらぎ町に多く見られる。

大和街道は 江戸時代に築かれた堤防の上を歩く。(紀州藩士 安藤帯刀が中心になって造ったので 安藤堤と言われていた。)

IMG_4302
また、丁の町付近で この街道に沿って用水路が流れている。この用水路は「七郷井」と言われている
。妙寺・丁の町・・・・・の七ヶ村の田地を潤していたため「七郷井」と名付けられたらしい。
この用水路は 寛永年間に紀州藩の新田開発が熱心に行われていたための用水路です。先人の英知と熱い志によって造られ、この近郷の農家のみなさんにより今日まで脈々と受け継がれている。と書かれている。

途中 「米ぬか」から食用油を造っている「築野食品工業」に立ち寄る。

IMG_4304



IMG_4305
かつらぎ町役場周辺の広場で昼食。

IMG_4307
笠田小学校近くの楠木の大木を見学

IMG_4309


IMG_4310
大木の隙間に神の社が見える。

IMG_4311
道中でガイドの説明を聞く。

IMG_4313
芋山・背山を詠った万葉歌をガイドさんが美声でうたってくれているのを聞き入る皆さん。

IMG_4318
「名手宿本陣」 史跡・重要文化財に指定されている。

0d805f3e[2]
「妹背家」と言えば、ここの娘さん(加恵さん)が 世界で最初の麻酔を使っての手術をした有名な花岡青洲の妻となり、自ら進んで夫に身体を提供して手術を成功させたということです。

IMG_4315
当時の台所の様子です。

IMG_4316

IMG_4321
見学後 駅に向かう途中に 宿場町の面影を残す町並みがあった。

  本日の歩数 20875歩


drecom_yama_ya617 at 05:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ウォーク 大和街道 

2014年05月01日

私の足跡 154  大和街道ウォーク 1 

  私の足跡 154
  

     大和街道ウォーク 1

  昨秋 伊勢ウォークと題して 6回に(私の足跡152から157まで)分けて橋本から遷宮した伊勢神宮迄をウォークしたことを書きましたが 今回は その続きで 隅田駅から西方に向けて和歌山城迄(約50km強)を4回に分けて歩くことにした


 第1回目 4月9日

 桜の花も終わりに近づいていますが、春の花に見送られて隅田駅を出発する計画をたてた。
 このシリーズの参加希望者は33名ほどである。

IMG_0556
伊勢ウォークと同じく、どんな景色に出会えるかの期待をもって出発。

IMG_4221
先ず、立ち寄った所は利生護国寺です。聖武天皇の勅命により行基菩薩が国家の平穏を目的として建てた。
文禄3年(1594年) 豊臣秀吉が高野山でのしきたりを破ったため、天候が荒れ、雨の中をこの地にやっとたどりついた。その時に正面の松の木に馬を繋いたといわれる「駒繋ぎ松」です。
本堂は国指定文化財。本尊の大日如来像は鎌倉時代の作で県指定文化財。

IMG_4223k1
室町時代より 隅田党の氏寺となり、裏には隅田一族の墓がある。

IMG_4219
よい天気で暖かかったので 道中、6人乗りの車に乗った保育園児の散歩途中に出会った。

IMG_4224
途中、坂道を下って谷底のような所に上記のような案内標柱がある。
ここは 昔から闇峠(くらがりとうげ)といわれている。高さの低い所を峠という珍しい峠。
標柱では 「峠」の字の山が逆さまになっている。


IMG_4225
 まちかど博物館前を通ると、「前畑秀子 生誕百年祭展」を開催していたので立ち寄る。
、「前畑秀子」と言えば、思い浮かべる人もいると思うが、ベルリンオリンピックで女子百メートル平泳ぎで金メダルをとった人です。ラジオ放送で『前畑 ガンバレ  前畑 ガンバレ  」とアナウンサーが絶叫したのは有名です。


IMG_4227
当時の新聞の写真

IMG_4228
この橋本市は 一時期 水泳日本の一部を支えた有名な所です。前畑秀子さんだけでないことが、上の表でもわかるでしょう。 
この橋本市で もう一人 古川 勝さんがいます。 平泳ぎで金メダルをとった人です。

IMG_4229
中世の豪族 生地氏の居城「銭坂城祉」です。

IMG_0575
白鳳時代に法起寺式の建物があった跡です。橋本市だけでこの時代の建物跡が3ヶ所あった。

IMG_4232
名古曾廃寺跡の説明

 IMG_0596 - コピー
また、この近くから白鳳時代の文化遺産「三彩の壺」が昭和58年 柿畑より見つかる。
三彩の壺は三色(白 緑 茶)の骨蔵器で中国の唐三彩の技術を用いている。
国指定の重要文化財に指定され、実物は国立京都博物館に保管されている。

IMG_0578
登録有形文化財。明治末期に開通した紀和鉄道高野口駅にできた木造3階建ての建物。高野山1500年祭にこの鉄道を使ってのお参りで賑わった「葛城館」。入母屋造り。千鳥破風、桟瓦葺です。

大和 003
街道には その当時の建物が多く残っている。
卯建(うだつ)のあがる建物が軒を並べている。明治の末、高野参詣客で賑わった当時の雰囲気を残している。



IMG_0580
江戸時代から続く建物で、 薬種問屋・両替商として栄えた「前田邸」。江戸時代 明治時代 大正時代の建物や収蔵品が残る登録重要文化財。

kousho[1]
高野口小学校 昭和12年築の木造こうしゃとしては 日本最大級の現役小学校校舎です。2013年10月に国の重要文化財(建造物)に指定される。
戦前からの現役校舎では 初めてである。

kosho2[1]
今も残る長さ98mの長い廊下(現在は一部改装されている)
朝の連ドラ「芋たこなんきん」の花岡町子が通った学校のロケ地。

IMG_4233
桜の古木に囲まれた校舎から下校する児童達。

大和
 最後にかつらぎ町の酒造工場の見学。お馴染の杉玉や馬を繋いでおく「駒繋ぎ」も残る。
  但しこの
酒造工場も 現在の表玄関はR24号に面して造られ、この玄関は大和街道時代のものです。




drecom_yama_ya617 at 10:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ウォーク 大和街道