2013年11月

2013年11月15日

私の足跡 146  伊勢へのウォーキング  

私の足跡  146


式年遷宮の伊勢神宮へのウォーキング

27559b80[1]


 第5回  11月11日

 今回より 歩き始める地点まで、乗り物の所要時間が約4時間必要だとバス会社の話なので、出発時刻を約20分早めた。乗り物もマイクロバスから中型バスにして出発。
 橋本から京・奈・和道路に乗り、郡山から西名阪道に入る。途中「上野SA」で休憩をとり、一路伊勢へ向かう。久居経由で「勢和多気IC」で降りる。

 前回歩き終えた、JA勢和支店へは 予定より30分早く 9時30分到着。

IMG_3676
トイレを済ませ 好天の下で準備運動をする

IMG_3679
IMG_3678
交通量が少なく 山野草を眺めながらの楽しい歩行がしばらく続く。

IMG_3682
丹生大師の近くの集落に近づくと過去に栄えたという雰囲気の残る町に到着。今はひっそりとした家並みだが、一時は 宿屋や茶屋・酒屋・餅屋等の商家が点在していたとある。
現在でも 格子戸・切り妻屋根のある民家が美しい家並みを残し、家々には昔の屋号を掲げて雰囲気を出してくれている。うれしいことだ。

IMG_3684
IMG_3685
丹生大師に到着すると勢和語り部の中西会長初め数人の語り部さんに迎えてもらい、早速大門の説明を受ける。勇壮な山門で享保元年(1287年前)に再建された。正面には仁王様が、背面には持国天と多聞天が安置されている。

IMG_3686
境内の絵地図 空海ゆかりの寺で 歴史も古く774年に創建とある。

IMG_3688
境内の建物の説明板。(文字が小さいので拡大してください)

IMG_3690
境内の樹木も色づいていた。

IMG_3692
語り部さんの案内で 大師堂への階段下に到着。50段あるそうです。
石段の左は 廻廊です。

IMG_4893-1_R[1]
石段左の廻廊です。 石段を登らずに此の廻廊を通り、身をさらさずに大師堂へ参る事ができるように造られています。

IMG_4910_R[1]
 階段を登りきると正面に大師堂がある。

IMG_3695
大師堂に着いて、お参りすると大師42歳の時、池の水に自分の姿を映して造ったと言われる自作の木造が安置されています。天正12年の大火の時、時の住僧が抱えて外に出し、無事だったと伝えられています。

細かい説明で 案内をしてもらった後、お茶や・ミカンなどのオモテナシを頂き、暖かい太陽の下で各自昼食。そして、語り部さんに見送ってもらい丹生大師を後にした。語り部さん ありがとうございました。

今回 時間の都合で 見学できなかったが下見の時に撮影した水銀坑道跡と近長谷寺の車田の写真を載せます。ツアーの皆さん写真だけで申し訳ありません。

m_IMG_5100_R-0ceaa[1]
文字が小さいので 拡大して見てください。

IMG_5123_R[1]
この水銀坑道跡は、左が古代のもので、右は昭和19年から掘り始められた水平抗道です。
昭和19年から掘り始められた水平抗も輸送費のコスト高、公害対策などで昭和48年閉山し
ています。このような坑
道跡が付近40か所ほどあるらしい。

IMG_5129_R[1]
今は勿論立ち入り禁止です。

IMG_5114_R[1]
昭和時代の水銀精錬装置です。 今は博物館のように遺してくれている。
水銀の歴史は古く 奈良・平安時代より水銀産地と知られ、丹生水銀は質量ともに卓越しており、奈良東大寺の大仏にも使用されたと記録に残っている。 


m_IMG_5106-1_R[1]




IMG_3598
IMG_3597
長谷の集落にある円形の田。近長谷寺の祀られている十一面観音の十一にちなみ、半径11メートルあります。田植えの頃や収穫の頃人が集まり賑わうらしい。

 ここから 元に戻り ツアーの皆さんと歩いた道標や石像の多く残る古道を歩いた記録です。。 

IMG_3698
道標地蔵 右伊勢 左相可の道標。
この地像は昔から首がなく、首欠け地蔵とも呼ばれた。
盗賊に襲われた旅人の身代りになったといわれる。その後、地元の人が首の代わりに手ごろな石をすえたとある。

IMG_3699
弘法大師像

IMG_3702
IMG_3703
今回は時間の都合で参拝しなかった佐那神社の前を通りすぎる。
佐那神社には 「天岩戸神話」で 天照大神が隠れた天岩戸を開けて世界に光を取り戻した力自慢の手力男命を祀る神社です。 

IMG_3708
 野中の永昌寺。現在 改修中。

s1318033301[1]
境内に童顔の石地蔵が祀られている。その名は「眠り地蔵さん」
昔 この近くを紀州の殿様の行列が通った時、一人の若い旅人が行列に出くわした。それで道端に長時間土下座しているうちに旅の疲れからつい居眠りをしてしまいました。
「殿の行列に無礼な奴」と旅人はその場で打ち首になり、若い命を果てました。
それを見ていた村人たちは哀れに思い、「旅人の霊よ安らかに眠れ」とこの地蔵さんを祀ったということです。

20130525-0414-300x225[1]
ここ野中は 西国三十三ヶ寺参りや熊野三山まいりへの道と高野山・和歌山への道の追分(別れ道)で当時賑わった所です。上の写真はその道標です。


西国巡礼観音堂や道標・石像の多く残る古道を通り、田丸をめざす。

IMG_3711
IMG_3714
本日の最終地点 田丸城址には4時半頃到着。江戸時代は和歌山藩55万石の一部「田丸城」 外に「松阪城」「白子城」なども和歌山藩。
上の写真は 城跡にある中学校の生徒の帰宅風景。


IMG_3716
IMG_3717
その後 伊勢芋をトロロにした伊勢芋料理を佐奈駅近くの夕食場所で 各自の好みで注文して食す。自分を含め、一部の人は 般若湯を頂いたことは言うまでもありません。



食後、相可のビジネスホテルへ。6時半頃到着。各自の部屋へ。部屋は小さいが一人なので十分プライベートの時間がとれた。
私は 入浴後 仲間の部屋をまわり、酒を酌み交わし、雑談で興じた。(その他の人の過ごし方は一切判らず)



drecom_yama_ya617 at 08:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ウォーク 伊勢南街道 

2013年11月02日

私の足跡 145  伊勢へのウォーキング  

私の足跡  145


式年遷宮の伊勢神宮へのウォーキング

27559b80[1]



 今回 パソコン 体調 不良  しばらく入院治療していたので更新が遅れました



 第4回  10月29日


  橋本を予定通り、6時半出発。しかし、途中道路工事のため、迂回して、約30分ロスする。
 

  今回は 前回の終了地点・水屋神社よりスタートする。トイレを借用した後、お参りし、境内の大クス等の見学。

IMG_3651
水屋神社の本殿。大和の春日大社の安在所として祀られた由緒ある神社。

IMG_3648
 ご神木の楠木。  約1000年の楠木。樹高35m 根回り29m 樹幹12mの県内有数の大木で 県の天然記念物に指定されている。

IMG_3650
この神社の二番目に大きい楠木です

IMG_3649
桂の木の根らしい。

いよいよ 珍布峠越えに出発。その峠までに神話に出てくる「礫石」の所に行く。

 IMG_3652
川の中に見えるのは 天照大神が投げ込んだ「礫石」(つぶていし)。 ここから小石を投げて この石に当たれば男児が生まれると言われているので 石を探して投げる人もいる。 しかし、石を投げる人が多いのか 適当な大きさの小石は なかった。   

IMG_3653
礫石の説明 言い伝えだが、加波・波瀬・舟戸の集落等は現存し、現に三重県と奈良県の県境は高見山になっている。

IMG_3654
見学後、峠まで近道を通るため、細い山道を登って、珍布峠に向かう。

IMG_3655
 やっと、天照大神と天児屋根命が出合ったという珍布峠に到着。小高い山を登って行かねばならぬ所で このように「掘割」を造ってくれているので昔の旅人も助かった事でしょう。

IMG_3657
可愛いお地蔵さんが私達の安全を見まもってくれている。

IMG_3659
 この道路の道端には上のような説明板がたくさんあった。

IMG_3660
 霊符山への道標 紀州みちよしの こうや なら はせの文字の見える文政二年の道標

IMG_3665

IMG_3664
道標から間もなく、花岡神社に予定通り11時に到着。

IMG_3661
境内を借りて昼食を摂る。昼食後 出発の用意。

IMG_3662
この神社のご神木はこのイチョウの木。もう少しで 見事な紅葉を見せてくれるでしょう。

IMG_3666

niu01[1]
この付近は 宮前の宿として 本陣・代官所・伝馬所等があり、旅籠等が立ち並び、賑やかな所であった。  

IMG_3667
雨も降り続き、終日辛いウォーキングです。

c0182455_11255396[1]
 粥見神社で休憩をさせてもらう。ここは街道の分岐点(追分)で、松阪へは、和歌山街道を 伊勢へは 桜峠を越える和歌山別街道を通る。勿論 我々は和歌山別街道を通る。(参勤交代の時は 和歌山街道を通る)

seiwa_1[1]
本日の最終目標地「JA勢和支店」へ 予定通り16時着。

IMG_3668
次回は ここより北方の丹生大師へ。

今日一日 雨にいじめられたが 帰りのバスの車中は明るかった。


 途中 飯高駅で15分休憩をとり、橋本へは 予定より 10分遅れの19時10分。




drecom_yama_ya617 at 15:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ウォーク 伊勢南街道