2013年03月

2013年03月15日

私の足跡 130  高野山への街道

私の足跡  130

          
       高野山への街道

  中高野街道  Ⅱ (松原から杭全神社まで)                                 (12月7日)


  kouya[1]


 IMG_2894          
  前回の続きで 松原駅を12時に出発。  
       

 IMG_2896
      長尾街道との交差点を通り越し、北上する。

 IMG_2897
  地蔵尊(延命地蔵・子安地蔵)を右に行く。

 IMG_2898
  街道から少し右に行くと阿保神社がある。

 IMG_2900               
  阿保神社の由緒が書かれていた。
           

 IMG_2901
  松原の三宅の交差点の右側の屯倉神社に到着。

 IMG_2902
  屯倉神社に参拝。    

 IMG_2903
  屯倉神社の由来が書かれている。

    IMG_2906
       しばらく歩くと大阪市の瓜破に入る。向こうで道が途切れているようです。
    IMG_2907
 ガードレールの向こうは大和川です。左を見れば大きな橋が見える。

    IMG_2908
  その橋に近づくと高野大橋と書かれていた。この橋は昭和29年に完成したものです。それまでは 先ほどのガードレールの所に明治時代に作られた木橋が直線に作られていた。   
 IMG_2909
     
 IMG_2910
      昔の航空写真で撮影した貴重な写真。写真の左側は高野大橋。やや右側に川の中に橋の跡が見える。
      
         
   IMG_2911
  川の反対側に立って見れば その当時の橋杭の跡が残っているのが見えた。

  IMG_2916
  木枠の中に「すく天王寺迄一里半・大念仏寺十八丁」の石柱道標があった。 

IMG_2921
式内神社楯原神社に参拝

IMG_2922
楯原神社の由来


IMG_2924
平野郷に入る。戦国時代の平野郷は、町の安全を図って市街のまわりを壕と土塁で囲み、その郷の間に各方面に通じる十三の木戸口もおかれ、門や地蔵堂があった。この地蔵堂もその一つである。

IMG_2925
流れ口地蔵堂。この地蔵堂は上記の十三の木戸口の一つ流れ口の傍らにあった地蔵堂

IMG_2928
平野郷が壕と土塁で囲まれ十三の木戸口をあらわして図。

IMG_2929
町家風の建物が並んでいる。

IMG_2930
そして建物に上の紙が張られ、町おこしに工夫をしている。


IMG_2937
全興寺の境内に入る。

IMG_2933
  大きな石標があった。両側の面には 右 さ山・高野山・すぐ住吉 と 左天王寺・大坂・すく住吉・さかひとある。

IMG_2942 - コピー

IMG_2938
 少し歩くと、上の道標があった。

IMG_2941

IMG_2940

IMG_2939
以上 4面には上記の文字が描かれている。

IMG_2943
本日のゴール・杭全神社前に到着。15:40

IMG_2945
 杭全神社に参拝。

IMG_2944
杭全神社の由緒。 


  中高野街道を踏破した後、年末の御堂筋のライトアップの撮影に行ってきた。


drecom_yama_ya617 at 15:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ウォ-ク 高野街道 

2013年03月01日

私の足跡 129  高野山への街道

 私の足跡  129

          
       高野山への街道

  
         (以前にも書いておきましたが写真をクリックしますと写真を拡大して読みやすくなります。ご利用ください。)



   高野山への
登山口を続けて3例書いた後 「しまなみ海道」と「青春18切符を使って」を書き 少し話題を変えましたが、また 元に戻り その続きとして中高野街道と下高野街道を書きます。

 平安末期までの天皇・公家達の熊野詣が盛んだったころは 京都から大阪まで船で下っていたが平安末期より熊野詣に変わり、高野参りが多くなってきた。

 
 0d00ea18[1]
 
 そのため ① 淀川の途中で船を下り、石清水八幡宮にお参りし、東高野街道を通る人  ②守口で船をおり、布施を通り、ここ杭全神社にお参りし中高野街道を通る人  ③大阪で船をおり四天王寺にお参りして下高野街道を通る人 それに ④黄金の町・堺を見学して西高野街道を通る人が多くなった。 


  東高野街道は「私の足跡 34」・西高野街道は「私の足跡 31」に記しています。

   初めに 中高野街道を書き、次に下高野街道を書きます 


              

  中高野街道  Ⅰ (河内長野市から松原市まで)           (11月21日)
 
IMG_2814
  出発した地点は 西高野街道との分岐点(高野線 千代田駅西北)とする。左に行けば堺市へ(西高野街道)。  今回は 右側(中高野街道の分岐点)の道を通り、大阪市の平野へ。 9:30 スタート。

IMG_2815
  西・下・中・東高野街道についての説明板がある。   

IMG_2817
  昔の街道の面影の残る道を北上する。

IMG_2818
 春日神社の塀と松林寺の塀が見えて来た。

   
    
IMG_2820
 境内には この時期 葉も実もなくなつたムクロジの木があった。

IMG_2819
 ムクロの木の説明

IMG_2821
 河内長野市の市指定文化財の松林寺の山門。

IMG_2823
  真言宗のお寺。

IMG_2822

IMG_2826
  浄土宗の安楽寺を過ぎる。

 
IMG_2827
  古い家並みが並び 江戸時代の旅人とも出会いそうな雰囲気の所を通る。
 

 
IMG_2828
  しばらくの間 大阪狭山市と富田林市の境界線を通る。


IMG_2829
 左 こうやみち   天下大平安永八年・・・等と書いた石柱があった。

 IMG_2830
   融通念仏宗の風林寺の傍を通る。


  この後、高野線の線路の東側に渡る。

 IMG_3031
   道路の片隅に 地蔵尊が祀られていて、中高野街道の道標がある。


 IMG_3032                                上の写真の右手前の単車の傍の石柱の古い標識です。右こうや 左よしの道

 IMG_3033
   踏切を渡り、駅を過ぎると上の石碑が屋敷跡に残っていた。

 IMG_3034
  その家の庭に植えられていたであろう柿が 家の主がいないのにたわわに実っていたのが私には心に残る風景だった。                       



 
IMG_2831
  次の四差路の右にある 浄土宗のお寺・報恩寺。
      

   
IMG_2836
  狭山北條氏の上屋敷や下屋敷のあった場所。

     IMG_2840
   菅生神社の鳥居が 神社から離れた所にある。おおきな道標がある。       

  IMG_2845
   式内社 菅生神社に参拝。

  IMG_2844

   IMG_2851
   舟渡池の近くを通ると鷺が羽根を休めていた。

  IMG_2848
 警戒心が強いのか コンパクトカメラで近づくとすぐに飛び去ってしまう。
 面白い風景なので 半月後 望遠レンズをつけて撮影に行った時には 鳥はいなかった。 
    

 IMG_2856
   丹比神社に参拝


 IMG_2859
   由緒ありそうな井戸がある。 由緒は下の石標に書かれていた。

 IMG_2858
    
 IMG_2864
   道標がある。 右 ひらの 大坂 道   左 さやま 三日市 かうや 道

 IMG_2865
  松原の町に入ると 中高野街道の説明の標識がある。

 IMG_2866
   中高野街道の道標

 IMG_2867
   今日の出発は 遅くて(9時半) 松原着15時。これから目的地の杭全神社への到着は遅くなるので松原駅で終えることにする。                  
   
続きを読む

drecom_yama_ya617 at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ウォ-ク 高野街道