2012年09月

2012年09月15日

私の足跡118 葛城修験道28宿を歩く



 
私の足跡118 

 葛城修験道28宿を歩く 4回目
               
           
                                                      2005.09.23
    
        IMG_0536

       文章では どこを歩いているのか分かり難いと思い、見えにくいと思いますが地図を書きました。 いつものようにクリックすると拡大した地図になりますのでご利用ください




     DSCF2825
     前回(三回目)終了したJR笠田駅へ。8:50

              DSCF2826
     そして、バスにのって前回歩き終えた東谷の集落へ。9:12

              DSCF2827
              バス停出発から約30分で文蔵の滝に到着。9:30

               DSCF2830

               DSCF2828
                滝の飛沫を浴び しばしの涼を楽しみ 味わう。

                DSCF2841
       高度を上げ、前回も通った串柿の里に来た。10:00

                DSCF2846
       そして 更に高度を上げ、尾根道に到着。遥か前方に目指す展望台が見える。10:30

               DSCF2852
       七越峠に到着。11:00

               DSCF2854
       クリックしてください

               DSCF2862
       しばらくは 尾根道の平らな道を行く。

               DSCF2868
       急に山道に入る。11:30

              DSCF2877
       厳しい登り坂が待っていた。12:20

            DSCF2894
      やっと クマザサに覆われた和泉葛城山(866m)に到着。13:20
         DSCF2902
          電波塔が建っていた。

         DSCF2925
    近畿自然歩道に沿って犬鳴山に下りる。

         DSCF2909
    途中、葛城神社があった。

         DSCF2907
          葛城神社の沿革である

    DSCF2860
    道端には優しい顔の仏さんが道案内をしてくれている。

    DSCF2900
    このような細い道にこの看板が。バイクのお兄さん達走って道を痛めるのを止めてほしい。


    DSCF2933
    道は険しい下りに入った。

    DSCF2948
    長い長い下りの連続だったが やっと犬鳴山が近づいたようだ。

    DSCF2950

    DSCF2953
     お不動さんに迎えてもらう。

   DSCF2955

   DSCF2958
    修行場がたくさんあった。

   DSCF2963

   DSCF2975

   DSCF2980
   泉佐野行きのバスに乗り 無事終了したことを般若湯とともに祝し、解散する。


   いつか 一番の加太の友ヶ島まて行くという課題を残し、終了します。


drecom_yama_ya617 at 10:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ウォーク 葛城修験道 

2012年09月01日

私の足跡117 葛城修験道28宿を歩く

  私の足跡117 


  葛城修験道28宿を歩く 3回目
                  2005.08.16
  
今回は 紀見峠からかつらぎ町まで歩く。
                                   
   
DSCF1968
   今回は 暑い8月に実施する。紀見峠駅を6時40分に出発。

   
DSCF1972 新旧のトンネルが見える
    駅を降りて 南海電車のトンネルの上を通る。

   
DSCF1977 40分ほど歩いて、岩湧山方面へ
   すぐに 岩湧山への登り道に入る。

    
DSCF1976 キャンプ場の手前を右手に折れる
     キャンプ場への道との分岐点。我々は右手に。

    DSCF1979 やがて杉木立の道に
     固い舗装された道から 未舗装の柔らかい土の道に入る。

    
DSCF1982 深くえぐれた道を登る
     雨水で荒らされたが 歩きやすいように補修された道を進む。

    
DSCF1985
    出発して 約一時間半で標高差約500m登ったことになる。

    
DSCF1987 ガスに太陽光が垂直に入って幻想的
    朝靄の霧に包まれた道を進む。    

    
DSCF1990 2時間で南葛城山と岩湧山への分岐点到着
    出発から約2時間後 岩湧山経由で槇尾山迄のダイトレとの分岐点に到着。
    ここから 我々は葛城修験道への道だからここでダイトレと別れて左にとる。

    
DSCF1998 2時間20分で一本杉(鏡の宿)に到着
     
     出発から約3時間半後 一本杉に到着。昔は大きな杉の大木があったらしいが今はない。

    
DSCF2002 大14経塚がある
     「妙法蓮華経安楽行品第十四経塚」がある。

    
DSCF1999 善女竜王と大座不動明王の石碑
    ここには 小さな祠があり 善女竜王が祀られている。

    
DSCF2013 笹深い山頂付近
    クマザサに覆われた道を約1Kmを西に登ると葛城修験道28宿修験道の中で第3番目の高所(1番 金剛山 1192m  2番 北葛城山 960m  3番 南葛城山 922m) 

    
DSCF2014 これが山頂だ
             この時は ベンチも何もなかったが 2012年6月には整備されていて休憩させてもらった。

    DSCF2034 道を失いかける
    季節がら 夏草が生い茂り この道でよいか不安いっぱいだった。

    DSCF2035 こんなところに案内表示が
    しばらくすると 標識のある上の木が見つかり、ホッとする。

          DSCF2032 大威徳明王の石碑
           途中 大威徳明王の石碑がある。
      
     DSCF2038 葛城蔵王権現社 5時間30分歩いている
      出発から約6時間少しで 蔵王権現社に到着。

     DSCF2040
     蔵王権現社は山中にあるが、整備の行きとどいた寺であった。

    DSCF2043
           
     DSCF2046 蔵王堂のすぐそばが蔵王峠だ

     DSCF2047  堀越観音への道をとる
     蔵王峠は 蔵王権現社の近くにあり、かつらぎ町と河内長野市の接点となっている。
     DSCF2050 干し柿の棚
     途中 串柿の里 四郷地区を通ると 串柿の干場が見える。


    DSCF2048
    次は 堀越の観音さんにお参りに行く。

    DSCF2052 堀越癪観音

    DSCF2055
     出発から約6時間半後 蔵王峠から約30分で到着。役小角が母親の腹痛を治したということから 昔からお腹痛等によく効くといわれている。

     DSCF2062 下に見えるのが東谷(バス停)
      これから 歩き終える東谷の集落が下に見える。

     DSCF2064 バスを90分を道路で昼寝
     出発から約7時間半後やっと バス停に到着。暑さと疲労でここで大休止。
     その後 バスでJR笠田駅へ。




drecom_yama_ya617 at 12:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ウォーク 葛城修験道