2012年07月

2012年07月15日

私の足跡 114 小豆島八十八ヶ寺遍路 7





  私の足跡 114   


            
小豆島八十八ヶ寺遍路 7


  最終回の二日目(最終日)

   

       7 月 5 日


reijomap1[1]

      地図や写真をクリックすると拡大

h23-12-11_168[1]
  
昨夜の宿の「かつや旅館」 この裏は砂浜の海岸でもうすぐすると夏の海水浴場で賑わう事でょう。
  かつやさんには車で送ってもらったり、忘れた杖を送ってもらったりと大変お世話になりました。

IMG_2437

IMG_2436
 この旅館の特徴は 絵皿がたくさん並べていた。また 石臼の石を収集していること。

IMG_2439

昨日 頑張って 81番恵門ノ瀧を打ち終えているのと雨も降っているので、予定よりゆっくりとして出発。

 次の吉田庵までは 雨が降ったり止んだりしているので山越えではなく、安全のため 海岸線の県道を通る。

h23-12-12_52[1]
 ここだけではないが 石の採掘の為 自然破壊がひどい 早く回復させてほしい。

 h23-12-12_57[1]
  瀬戸内の海は 静かに凪いでいた。

h23-12-12_133[1]
 吉田の町から吉田庵は少し入った所にある。

h23-12-12_136[1]
 吉田庵

IMG_2445
途中から見える吉田ダムの堰堤が下から見るのですごく迫力がある。 



 ここから福田庵までは 山道を通っての遍路道もあるが、雨も時々降るので県道を通る。


IMG_2446
 相変わらず海は凪いでいる。


IMG_2447
 石切り場の跡で 自然破壊が進んでいる。

IMG_2463
 83番福田庵  福田の町から20分ほど山手にある。途中 道を尋ねた80代の女性「大阪からきたのかね」と聞くので「いいえ 和歌山です」と答えると 「へー そんなに遠い所から・・」と言われた。大阪は近いが 和歌山はとても遠いと思っているのかと感じる会話だった。


IMG_2464
 84・85番 雲海寺 本地堂 スゴイ立派なお寺です。


IMG_2467
 さすが 石の町 小豆島 石垣の石は全て花崗岩 すごーいと思った。


IMG_2468
 本地堂で納経。 納経は2ヶ寺をここでしてもらう。

h23-12-12_103[1]
86番 当浜庵


h23-12-12_122[1]
 県道を南下していると 「石彫のまち」の標識がある。通りにはたくさんの作品を並べて通りがかりのひとの目を楽しませてくれている。

IMG_2448

IMG_2449




IMG_2452
 87番 海庭庵 相変わらず雨が降ったり止んだりしている。しかし、気温が低いので助かる。

IMG_2453
 海庭庵の近くの2体の地蔵さん。
 
h23-12-12_121[1]
この近くで 大阪城石垣切丁場跡の標識があり、何ヶ所かの石切り場があったらしい。
 

h23-12-12_113[1]
 上の石切り場の一つ 八人石苑路がある。雨の為 ゆっくり見学は出来なかったが、昔の石切り場の作業跡が残っているらしい。石を運ぶ途中 8人の人夫が石の下敷きになって死亡するという事故が起こったので 八人石苑路の名があるという。延長240mで 数十個の残石があるという。(上の地図の四角い白い図)

IMG_2454
  南風台 名の通り南洋の雰囲気がある。雨のふりがひどくなる。

IMG_2458
 やっと 結願の寺 88番 楠霊庵に到着。四国の結願の寺 88番大窪寺での「やった~」という思いにはなれない。やはり、四国の苦しさの方が強かったのかなと思う。そして、最後の寺だが、庵で年配の女性が居るだけ。そして、庵だから朱印もない。
 でも、お茶の接待をいただき、帰りの福田までのバス待ちまで話をする。

IMG_2460
 境内より 東を見ると海が見える。小さな漁村である。雨が止みました。

 橘の88番 楠霊庵よりバスで福田港に到着。待合室で待っていると年配の女性から「珍しいものをあげる」と言って、下の写真のようなオリーブの葉っぱを頂く。

IMG_2475
 上は普通の葉っぱ。下は滅多に見られないハートの葉っぱ (若い人に人気があるそうです)  私には似合わないがありがたく頂く。  結願の日にもらえるとは 何か良い事が起こりそうなので大事にしょうと思う。

IMG_2471
  福田港を15時30分のフェリーに乗り、思い出の小豆島を後にした。お客は15人位 車6台 帰りもゆったり。


          本日の徒歩数  32250歩


  
小豆島歩き遍路を終えて

  小豆島の面積は153k㎡ 海岸線126km  瀬戸内海で2番目の大きさである。

  今まで 小豆島と言えば 24の瞳の学校 オリーブ・醤油・そうめんの町との印象だったが石切り場の印象も強く残った。

 遍路道は徒歩距離約160kmと短いが 平坦地が少なく国道 県道 その他の道も勾配があり激しく 厳しいコースだったが道しるべがあり(四国より少ない)、「おへんろ路案内図」をたよりに歩いたので道を間違えたのは2度だけ。地元の人も道を尋ねると親切に教えてくれた。中にはついてきて教えてくれた人もいました。ほんとうにありがとうございました。

 この小豆島は 1000年以上の前 弘法大師が生国(讃岐)から京都への上京時 帰郷の道すがら ここに立ち寄り山野を徒渉され 修行された霊場です。88ヶ所の本霊場に加え 6ヶ所の奥の院を含めて94ヶ所からなっている。(このうち寺院霊場 30  山岳滝霊場 14  堂庵 50)
 殊に山岳滝霊場は その幽玄・静寂の佇まいは優れた風光に恵まれ、まさに悟りの道であった。

 この旅で 四国遍路一人歩きもそうだったが、困った時に お大師さんに出会って助けてもらったと思われることがありました。感謝しています。
                                                  合掌


      小豆島遍路の次は 葛城修験道28宿を歩くを書きます。  


drecom_yama_ya617 at 11:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 小豆島遍路の旅 

2012年07月01日

私の足跡 113 小豆島八十八ヶ寺遍路 6




   私の足跡 113 
      
            小豆島八十八ヶ寺遍路 6

 
    最終遍路(三度目) (最後の小豆島遍路)  


                 1日目  7 月  4 日



reijomap1[1]

     地図をクリックすると拡大します   地図だけでなく、写真もクリックすると拡大します

  今回は 相棒の都合で一人遍路(但し お大師さんとの同行二人)をすることにした。
  当初は 梅雨空になる前の涼しい日と思っていたが 自分の予定と天候とは会わず7月になってしまった。

 今までと同じように 行く時は 神戸発を夜中の1時発の夜行船にする。

IMG_2339
   12時過ぎ 接岸。12時半乗船開始。

 但し 気温も高くなってきたので 寝具のいらない一般の和室で他の客と雑魚寝をすることにした。

IMG_2340
 曜日と時期なのかラッキーなことに前回 前々回と比べて2等和室の大きな枠の中に2人だけ(こんな状態ばかりだと企業の儲けが心配)  お客にとってはラッキーだった。例の通り 般若湯を頂き 翌早朝の6時までぐっすり。



IMG_2342
 予定通り 坂出港に7時10分着。バスで東蒲生駅に8時前に着く。


 前回 都合でお参りしていない40番保安寺 41番佛谷山 42番西ノ瀧にお参りしてから 前回からの残りの寺を二日間で全て終える計画です。


IMG_2344

IMG_2345
  40番保安寺に 8時過ぎにに到着。大きな寺だった。今回初めての寺なので 今回の遍路歩きも無事に終えれるように 丁寧にお参りをした。 

IMG_2347
 ハスの花が咲き誇り 私を待っていてくれた。 
 納経に関わってくれた人は 人柄が良く 遍路さんを心よりいたわってくれた。そして、最後に冷たい缶ジュースを頂く。この時期 冷たい飲み物のお接待は何よりのご馳走。感謝・感謝

 これから山中の山岳霊場の2ヵ寺をお参りするので 参拝に関係のない荷物を預かってもらう。
  そして 最小限の荷物を持ち、2km弱の山道を駈け上り 41番佛谷山へ。
 


IMG_2349

IMG_2351
 早速 岩肌の山道を登ることになる。これも修行の一つと四国参りの時から思いこんでいるが辛いことだ


IMG_2354
  途中より これから登り お参りするお寺が見える。目標が見えるとうれしいやらまだあそこまで歩くのかと思うとガッカリ。

IMG_2357
IMG_2356
IMG_2358
IMG_2359
IMG_2360
 途中より車道と合流した。道の登り傾斜が緩くなるが木陰がなくなり太陽の光が当たり暑くなり、辛くなってきたが 道端に含蓄のある言葉の札が立ててくれていたので読みながら進む。

IMG_2361
ヤット境内到着かと思えどまだ到着ではない。


IMG_2362
IMG_2363
IMG_2364
IMG_2366


IMG_2369
やっと 本堂に到着。下方を見れば標高が高くなっている。よく頑張ったと自分を褒める。

IMG_2371
41番佛谷山 本堂にお参りさせてもらう。


 そして 1km弱の岩場のある道を慎重に進み、42番西ノ瀧へ。
h23-11-11_146[1]
石灯篭の立ち並ぶ42番西ノ瀧に到着。

h23-11-11_139[1]
境内から池田港方面を望む。この寺の標高が高いのが良くわかる。(約250m)
(2番霊場 碁石山は約330mで一番高い。) 
 
h23-11-11_142[1]
本堂へお参りに更に登る。

h23-11-11_141[1]
 本堂でお参りする。山の中なのでお猿の被害があるらしい。

 お参りの後、標高約250mから標高約0mの荷物を預けていた40番保安寺に戻ると先ほど納経をしてくれた人は庭の掃除をしていた。休憩をと言われたが、急ぐので 荷物をもらい、急いで土庄の町中へ。

IMG_2376
 ギネスブックに載っている「世界最狭の海峡」を見て、前回食事をした所だが店を変えて 昼食を済ませ、75番大聖寺へ向かう。
 
 IMG_2377
 IMG_2378
 途中 大きな観音様に迎えてもらう。


IMG_2380
75番 大聖寺に到着。

IMG_2383
 大きな寺で 落ち着いた雰囲気のある古刹だった。ここでも 納経時に冷たい缶ジュースをお接待していただく。気温も上がっていたので有り難くいただく。感謝 感謝

IMG_2384
  帰り道 お寺の犬かどうかわからないが見送ってくれているのか、暑くてへばっているのか?

IMG_2385
そして、次は76番奥の院三暁庵へ。

IMG_2386
   76番奥の院三暁庵では 男性がいてくれていて冷たいお茶を頂く。暑い時期は冷たいものはありがたい。
 

IMG_2387
 次の寺まで約2kmあるが 途中ショートコースのゴルフ場があったが お客はいなかった。
 プレーしたくなったがどうすることも出来ない。次の機会を待つことにする。

IMG_2388
丁字路で右 歓喜寺へ。左 76番金剛寺への標識がある。
    

IMG_2389

IMG_2390
歓喜寺では 朱印に関わった人は 耳が遠かったのか 昼時だったからか無愛想だった

IMG_2391
 次の寺への途中 宝筺印塔(室時代末期作)と家形乱塔(江戸時代初期作)の石像があった。

IMG_2393
 76番金剛寺へ。

IMG_2394

IMG_2395
 1km強離れた番外藤原寺へ。藤原寺では 留守の為 自分で朱印を捺す。お金は賽銭箱へ。

IMG_2396
「大阪城築城残石」・・・・という立て札が前回もあったが明日歩く所には数え切れないくらいある。

IMG_2398

IMG_2397

IMG_2399


IMG_2404

IMG_2403
 約2km 離れた78番雲胡庵へ。庵としては規模の大きな寺だった。

IMG_2408
 県道に出て、道の駅「大阪城残石記念公園」に立ち寄る。1600年代 徳川幕府による大阪城の石垣大改修のため数多くの花崗岩が島に残されている。この公園だけでも50個ぐらいはある。こんなのが 小豆島にはたくさんある。

IMG_2411

IMG_2413


IMG_2412
   川や海の水上はこのように木組みの上(いかだ)にのせて運んだ

IMG_2400
 約4km強 離れた79番薬師庵へ。

そして 1km強で 本日最後の寺 80番観音寺へ。 


IMG_2415
 大きくて 新しくて立派なお寺だった。

IMG_2418
 お大師さんの幼少の頃の像「稚児太師」

 IMG_2417
  お参りを済ませるとお寺の方が 「おうどんを接待させてもらっていますがいかがですか」と聞いてくれたので 夕方でお腹も空いていたので遠慮なく頂きました。
 このお接待を始めたいきさつが上の写真に書いてあるが 度々の災難にあったが地元の人や遍路さんの助けて頂いた恩を忘れないためと書いてある。心のこもったお接待で心身ともに暖かくなった。ありがとうございました。

  計画より少し早く済ませたのと 明日の天候を考えて(うどんも頂いたし) 本日中に難所 81番恵門の滝を済ますことにする。
 
 本日の遍路宿 「かつや旅館」
 不要な荷物を 旅館に預け、荷物を軽くして 途中まで宿の車に乗せてもらい、約2km強の坂道を登った。

  最後の約4~500mは階段だったように思う。

IMG_2422

IMG_2423


IMG_2426
 まだまだ続く 石段。

IMG_2425
石段を登りつめると鎖を使って登る。

IMG_2427
最後まで登りつめると山中とは思えない立派なお寺が現われた。岩に張り付いている感じ。

h23-12-12_32[1]
入り口を入り 階段を登ると 洞内に祈祷所等がある。

h23-12-12_33[1]
 私一人だったが二人のお坊さんがよく頑張って来てくれたと喜んでくれた。それで 護摩木の使っての祈祷をしてもらうことにした。心身健康をお願いした。太鼓の音が洞内に響き渡り 厳かに般若心経を唱える声で 私の心もスッキリしだし 約10分ほどだったが 本尊の怖い顔をした不動明王の顔を見ているとだんだん優しい顔立ちになって来たように感じた。私の願いを聞いてくれているように感じた。

h23-12-12_34[1]
  本尊の不動明王

h23-12-12_37[1]
洞内の見学 勝だるま

 帰りは 雨も降りだし 徒歩道は石が滑って危険なので 車道を通って帰った。宿に着いたのは6時頃だった。

IMG_2435
 早速 風呂に入り 7時まえより夕食を頂く。勿論 般若湯も頑張った分余計に頂く。
 野球 ソフトバンク今日も負けた。



    本日の歩数  35210歩


drecom_yama_ya617 at 12:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 小豆島遍路の旅