2011年11月

2011年11月20日

私の足跡 97  熊野古道の伊勢路を歩く 10 三瀬坂峠と滝原宮


  大辺路・伊勢路を歩く  


  伊勢路 10     三瀬坂峠と滝原宮   2011.10.26 

     N氏との旅行も今回で一応終了することになる。伊勢路歩きの最後だったので、ジパングクラブを使っての最安値(自宅から松阪経由で三瀬谷までの往復 約5000円弱)の切符を使った旅行をと企画した。そして、有終の美を飾る所だったが、日程に狂いが生じたのに続き、また、途中の列車の乗り継ぎにミスが出てどうなるか不安になったが、一応最小限の被害ですませることが出来た。

            IMG_1345
   失った2時間をカバーするため、当初予定した阿曾駅からのスタートを滝原駅にした。
 
            IMG_1347
   14時に駅から東に進み、川を渡ると役場があり、ここから古道に入る。家並みは揃っていないが古道の雰囲気が漂う。林業を誇る町だけに、林業家の木造妻入りの重厚な構えの家もある。
      
          
    IMG_1348
   前方に大樹が茂るうっそうととした森が近づく。伊勢神宮の別宮・滝原宮の森である。 

   IMG_1349
   滝原宮の由緒には、伊勢神宮に属する宮々の中で最も古いとある。
   
   IMG_1350
   IMG_1353
   深い緑につつまれ長い参道を歩いているとやわり伊勢神宮の内宮を思わせる。

   IMG_1352
   そして、内宮では五十川の水で身を清めてお参りするのと同じようになっている。
   約400mの参道の奥には鳥居があり、4社が祀られていた。お参りする社の順番も書いていた。20年に一度の遷宮があるとも書いていた。

        IMG_1354
         古道に戻り、やっと三瀬坂峠の標識が見えてきたが、まだ1.5kmとある。急坂が始まり苦しい登りを登っていると「マムシ」の死骸があった。N氏の話では間違いないと言っていた。

   IMG_1355
   ジグざク道の急坂をもくもくと登りつめるとそんなに高くないが(265m)やっと三瀬坂峠に到着。

   IMG_1356
   峠には、石室の中に地蔵(1756年)が祭られ、その前に行き倒れの供養碑も建っている。左手には茶屋が2軒あったとか。わずかにそれらしい形跡がしのばれる。

   IMG_1361
   峠からのジグザグ道を下ると舗装した道になる。しばらく歩くと妙楽寺があり、すぐに上記の標識があった。
 
    IMG_1362
     玉石を整然と石垣に囲まれたこんもりと繁る森。その中に小さな社殿が祭られている。その昔、倭姫命が渡られた時案内をした真奈胡神がこの多岐原宮の祭神だ。
 そして、ここから川原へ下ったところが三瀬の渡し場で、川船が一隻、岸に上げられていて、渡し場の昔日をほうふつさせられるとガイドブックに書いていたので楽しみにしていたがとんでもなかった。
    IMG_1364

  去る9月の紀伊半島の大洪水でその面影がなく、その時の水位は上の写真の川面から高く上がり,木の一部に青色のごみの所まで来ていたというのがよくわかる。近くの人に聞いてみるとすごく怖かったといっていた。上流のせき止め湖のため、川の水の色はまだ濁っていた。

    IMG_1365
    左 くまのみち の標識が大事に残されていた。

          IMG_1367
        洪水時の 川の水位がすごく上がっていたのがよくわかる。

         IMG_1366
   せき止め湖から流れてきている川と普通の川が合流している所。川の水の色の違いがよくわかる。

   IMG_1363
   ここから三瀬谷の町までが約3km少しだが、疲れていたのかすごく長く感じた道だった。上の写真は高速道路の橋です。

  買い物をしていたので、宿舎に到着したのは、6時前で真っ暗になった。       
   


drecom_yama_ya617 at 12:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 大辺路・伊勢路を歩く 

2011年11月10日

私の足跡 96  熊野古道の伊勢路を歩く 9 荷坂峠越え


 大辺路・伊勢路を歩く  



  伊勢路 9    紀伊長嶋駅から荷坂峠を越え梅谷駅

   IMG_2575
   nisakatizu[1]
              IMG_2577
  
 かつて 伊勢と紀伊の国境であった峠。二つの峠道があるが中世はツヅラト峠だったが、徳川氏が紀州の殿様になって新しい荷坂峠の道を開発し、以後荷坂峠が中心になり、現在の国道42号線に受け継がれている。
 どちらの道を通るか迷ったが、我らの(和歌山出身)かつての藩主であり八代将軍の徳川吉宗はじめ歴代藩主の何人かも通ったと思われる荷坂峠を通ることにした。
    
   IMG_1106
   前回到着した「紀伊長嶋駅」をスタートする。
    しばらく歩くと 国道42号線に出る。片上池を見ながら進む。
    IMG_1105
    大きな道の駅「紀伊長嶋マンボー」があり、立ち寄る。    
    
    IMG_1104
        道は 片上川にそって、進んで行くと、一里塚があった。

     IMG_1103
    道は だんだん山の中に入っていく。

    IMG_1098  
    IMG_1097

    いよいよ世界遺産に認定されている荷坂峠への登り坂にかかる。

     IMG_1101
     IMG_1100
     nisaka17[1]
    ここにも見事な「ししがき」が連なっていた。農民の工夫と努力が偲ばれる。
     
    nisaka14[1]
    シダに覆われた道を気持ちよく歩けた。

     nisaka8[1]
    足下遥か下、杉林をとおして谷を渡る鉄橋が見え隠れする。昭和5年に開通した旧国鉄の鉄橋だ。
    また、伊勢から紀伊へのこの区間にはトンネルが13もあり、日本一多い。それだけ険しい地形の所を通っているということだ。    

     nisaka9[1]
    沖見平へは 50mの標識がある。
     nisaka7[1]
    「憩いの石」の標識がある。旅人はここで腰をおろして休んでいったのでしょう。 

     
IMG_1092
    峠には 茶屋跡の標識がある。江戸時代のいつの頃からかこの峠に旅宿を兼ねた茶屋が開かれ、西国巡礼や伊勢参拝をする人々の憩いの場となっていた。
    明治末期から昭和初期の鉄道開通までは 峠は人力車の中継地として客待ちの車が数台とまっており、車夫の休憩所となっていた。
      nisaka5[1]

      IMG_1094
      坂を登り切ると平坦な道が続いていた。

      IMG_1089
     旅人の信仰を集めていた石仏三基は道路改修のため、二度移転され現在地に移って来た。
           如意輪観音   宝暦3年(1753年)
           足守り地蔵    文化7年(1810年)
           地 蔵 尊
      IMG_1088
     ここから、梅谷駅への約3km弱は国道42号に沿って舗装された道を約1時間弱かけて歩いた。


 
  


drecom_yama_ya617 at 17:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 大辺路・伊勢路を歩く 

2011年11月01日

私の足跡 95  熊野古道の伊勢路を歩く 8 三浦峠・平方峠・一石峠越え




 大辺路・伊勢路を歩く  


  伊勢路 8  三浦峠・平方峠・一石峠越え

   IMG_2568



kuma18[1]

  前回の最終地点 人影がなく無人の三野瀬駅を出発
 

     kuma107[1]
 
駅を出て 前方を見るとこれからの三浦峠が見える。

     IMG_1037
 
三浦峠への急な上り坂が始まる。     
     
     img_64023_23308771_8[1]
  
突然 見事な橋が現われた。標識によると 世界遺産に登録された翌年(2005年)に両岸に残されていた基礎台を生かし、日本古来の橋が造られた。総工費 約2000万円だそうだ。
 ここより 今回の世界遺産の道約1kmが始まる。

     img_64023_23308771_6[1]

     img_64023_23308771_5[1]
 
三浦峠の頂上 この道を熊ヶ谷道とも言われている。

     img_64023_23308771_3[1]
 
峠を下っていくと、これから通る道瀬海岸と古里の集落が見えてきた。

     img_64023_23308771_4[1]
     kuma13[1]
 
古里の町は民宿が立ち並ぶ。古里海岸が広がる。紀伊の松島とも呼ばれるいくつかの島が浮かぶ海だから楽しく歩くことができた。
 
     kuma12[1]
 
若宮神社の前を通る。

   img_64023_23308771_1[1]
   IMG_1030
 鉄のゲートを通り抜けると山道に入る。平石峠への道は緩やかな登りのつづく林に囲まれた山道だ。峠の南に「平方」という地名があるから平方峠と名がついた。
 
   IMG_1031

     img_64023_23308771_0[1]
 いよいよ一石峠への登り坂が見えてきた。1783年の「巡礼指南車」によると「日和よきときは舟になど乗らず 一石古里へ」と書かれた由緒ある峠のひとつらしい。
         
     IMGP8972-s[1]
  
山道を下り終えると踏切を越え国道42号に出て紀伊長島駅に向かう。

     IMG_1029
 国道を歩いていると歩行者・自転車専用のトンネルがあったので通ることにした。長さが573mもあったので涼しい時間を過ごすことができた。

     IMGP8970-s[1]
 
駅に近づくと港がありたくさんの船があった。そして 紀伊長島駅へ。  

 今回の旅は 峠は三ヵ所あったが全て標高の低い峠であったし、優美な海岸線も歩けて心を癒してくれる楽しい旅だった。 


drecom_yama_ya617 at 03:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 大辺路・伊勢路を歩く