2011年03月

2011年03月15日

私の足跡 80 東海道の完歩 15 三島宿  ~ 小田原宿  



     東海道を歩く  15

    dc120901001[1]

  「9」
小田原宿
→ 「10」 箱根宿 「11」 三島宿

      hiroshige022[3]
       「9」 小田原宿  「酒匂川」 奥には箱根の山々、その麓に小田原城が見える。
                hiroshige023[1]
      
  「10」 箱根宿 「湖水図」 「天下の険」と言われた箱根の山々が誇張した表現で描かれている。

      hiroshige024[1]
       

      「11」 三島宿 「朝霧」 朝ぽらけの中、宿を発つ人々。霧が宿場町と三島大社の鳥居をつつみ、幻想的な光景を醸し出している。


  今回の「箱根八里越え」は 当初から一番楽しみにしていたし、期待もしていた区間だった。また、一番不安でもあったところでした。箱根宿で宿泊し、2日に分けては歩きたくない。一日で箱根越えをしたい。しかし、距離は 三島宿まで30km超えで それに標高約850mの箱根峠を越えなければならない。そのため、一番条件のよい季節(昼間が長く、暑くもない等の季節)のよい時期(3月末)にし、早朝出発の計画をたてた。旧街道の登り坂が多く残る坂を登りたいという理由で小田原から三島への方向で歩いた。そして、その通りに書きます。その方が、箱根の登りの険しさがよくわかるから。(他にも、東から西へ行った所もあるが、平地なので違いがないと思い,実際に歩いたのとは逆に書いた所もあります。)


IMG_8910

 小田原駅を6時に出発し、メインストリートを西に進む。


 
IMG_8908

 昔の面影をもつ建物がある。いつ建てたが分からないが、今も現役として活躍していた。


IMG_8911

 江戸時代に ここを中心にして町づくりをして本町(ほんちょう)としたとある。

IMG_8917

  日蓮聖人霊処

IMG_8918
 
 空も明けてきて、明るくなった国道1号線を西進する。

IMG_8922

  正月恒例の箱根駅伝のTVでよく見る国道1号線の風景だが、箱根旧街道はもうすぐだ。国道から県道に入り、そして県道を何度も横切りながら箱根へと進む。

IMG_8926

   出発して2時間後、大きな寺領を持った「早雲寺」に到着。

IMG_8927

IMG_8935
  
  寺領が大きいが、整備も行き届いた寺だった。

IMG_8951

  箱根旧街道も国道は勿論県道とも別れ、昔の面影を残す石畳の登り坂の街道に入る。  8:20

IMG_8948



IMG_8953

 この葛原坂を初めとして、元箱根まで次のような名前のついた坂が約10コあった。  8:42


IMG_8960

 女轉坂   登り一町餘   女性の旅人は転がるかもわからないと思われる登り坂が約110m続きます。  9:05

IMG_8964

 割石坂    曽我五郎が富士の裾野へ仇打ちに向かう時、刀の切れ味を試そうと路傍の巨石を真っ二つに切ったと伝えられている。     9:20
  
IMG_8982

 西海子坂  江戸幕府は 1680年に箱根路を石畳み道に改修しました。         
それ以前の此の道は 雨や雪の後は大変な悪路となり、旅人は膝まで没する泥道を歩かなければならないため、竹を敷いていました。 毎年、竹を調達するのは大変な努力と費用がかかりました。   10:10

IMG_8984
 
    橿木坂       10:20

IMG_8987

 猿すべり坂  あの木のぼりの上手な猿もすべるぐらい厳しい坂ということでこの名がついた。その部分は、此の上の県道と合流する付近(この写真の道の奥)だったらしい。    10:50

IMG_8990

  追込坂   いくつかの難所も通り、もうすぐ楽しみな甘酒茶屋がある。 旅人も最後の坂と思ったことでしょう。   11:03


IMG_8993

  現役の甘酒茶屋として営業していたが、我々は時間の都合で素通りした。この道が何度も横断した県道です。

IMG_8999

  天ヶ石坂       11:24

IMG_9003

 権現坂  小田原から箱根路をのぼる旅人がいくつかの急坂・難所を約3時間かけて喘いで登り、ためいき一息をつくのがこの場所です。
 眼前に芦ノ湖が展望し、箱根山に来たという旅の実感が身体に伝わってくるところです。      11:38

 以上の名のついた坂を登りつめて、箱根の宿に入ります。

 上記の坂以外の途中の事について記します

IMG_8970

 石畳の旧街道を登っていくと、突然県道に飛び出る。

IMG_8955

 その県道を横切りすぐに または しばらく歩くと 石畳の旧街道に入っていくのを何度か繰り返します。これは、石畳の旧街道は急傾斜だがほとんど真っすぐに登る。県道は車の道だから傾斜を緩くするため九十九折りで造ってある。そのため、重なり合う。

IMG_8965

 そして、また石畳の旧街道に入っていく。

IMG_8966
  
 江戸時代に造ったそのままの石畳。石の敷き方が粗雑である。

IMG_8986

   こんな急な坂道を登る所が何度かあった。

IMG_8979

 眼前に 突然小山が現われた。よく見ると、一里塚の小山だった。

IMG_8978

   木は枯れていたが さすが山中だけあって、塚は両方とも完全に残っていた
 IMG_8963

  石畳の山道ばかりでなく、こんな所も通りました。

IMG_9007
 
 老杉の並木道をゆったり歩く。  元箱根地区

IMG_9009

IMG_9018

  今までとは違って、江戸時代の人々と共に歩いている雰囲気になる道だった。

 dscf3875[1]
   元箱根の町に入ると、遊覧船と赤い鳥居の向こうに見える富士山は最高。
 
IMG_9023

 箱根の関所の復元された所に到着。出発してから6時間後の12時だった。

IMG_9022

 昼食をとり、見学後、いろんな店や旅館などで賑わう箱根の町を出発。12:30発。
  JPEG/10402.jpg
IMG_9041
 そして、芦ノ湖がずっと下に見える箱根の最高地点の標高846mの峠らしくないなだらかな箱根峠に到着。13:30着。

  
  IMG_9050

 ここから、約13km離れた三島宿へ向かう。まず、草木のトンネルの中へ。

IMG_9058

 この坂の途中に、変わった石造物等があった。これは、兜岩
 13:50

IMG_9059


IMG_9060

 次は、念仏石。此の石の前に「南無阿弥陀仏・宗閑寺」と刻んだ碑があるが、旅人の行き倒れを宗閑寺で供養して、碑を建てたものと思われる。        14:00

IMG_9070

 次は、雲助徳利の墓   14:30

 墓石には、盃と徳利が浮き彫りしてある。その下に久治郎と彫られている。
 一説には、彼はある西国の大名家の剣術の指南役であった。ところが、大酒のみのため事件を起こし国外追放となり、ここで雲助仲間に入り働くようになった。
 優れた指南役だったので、雲助をいじめる武士等を懲らしめたり、文字の読めない雲助の手紙を読んであげたり、また、いろんな相談にものってあげたりしたので、雲助仲間から親分以上に慕われていた。
 しかし。お酒の飲みすぎで命を縮めてしまった。
 彼を慕い、助けられた雲助仲間は、生前にお世話になったお礼に 彼が大好きだったお酒の盃と徳利を刻んだ立派なお墓を建てたとある。

 雲助といえば、昔から、悪者が多くいて、世間から「ならず者の代名詞のように言われていたがこの街道歩きをしていて、彼のような雲助がいなかったら殆どの人は困り果てて旅はできなかっただろうと思う。
 そして、この「雲助徳利の墓」の心温まる話から雲助のイメージが変わった。そして、彼の冥福を祈って先を急いだ。

IMG_9081
 標高580mに降りてきた。ここに、山中城址があった。 14:00
 この城は 小田原城の北條氏の山城です。自然の要害に囲まれた城であったが、豊臣氏の大軍で一日で落城したらしい。


IMG_9086

  芭蕉の句碑                      14:50
 
IMG_9094


   笹原の一里塚                                        15:10

IMG_9118

IMG_9114

  松並木は 最近になり開発の為、また、枯れたりして少なくなったが この初音ヶ原付近は約1kmにわたって続いている。
  この「錦田一里塚」とともに、昔の面影を残している。   16:30


IMG_9126
   
やっと、三島宿にある三島神社に参拝と見学をした。  17:10

IMG_9127

  桜も満開で まるで我々の箱根越えの成功を祝福してくれているようだった。

IMG_9149

ラッキーなことに ガイドさんが案内役を無料でしてくれた。

IMG_9130

  まさに、桜の満開でみんなは御満悦でした。

IMG_9157

 町中へ入ったが、本陣跡も碑のみで、昔の面影はなかった。

 

  無事箱根越えをしたことと 桜の花の祝福に感謝して夜行列車に乗り込む。

  豆知識」  箱根の関所について

    江戸時代の旅人は 関所はまさに難儀な関門だった。幕府は関東・東海を中心に50数か所をつくり、東海道は2ヶ所だった。
   
      関所を設けた理由は「入り鉄砲」と「出女」を監視するためだった。この二つについては厳重に取り調べるためにマニュアルが定められた。女性の旅人には「人見女」という調べる専門の女性をあて、ホクロ、あざ等身体のすみずみまでくまなく調べられたらしい。
   以前にも書きましたが女性は特に厳しく検査されるのが嫌で姫街道を通った(新居の関所)。でも、ここは、その姫街道がない。

   江戸時代後期には、「入り鉄砲」はなし崩し的になったが「出女」は対象が一般女性にも拡大された。     




drecom_yama_ya617 at 00:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ウォーク  東海道完歩 

2011年03月01日

私の足跡 79 東海道の完歩 14 吉原宿  ~ 沼津宿  

 東海道を歩く  14

    dc120901001[1]

 
「14」 吉原宿
→ 「13」 原 宿→ 「12」 沼津宿


       hiroshige025[1]

       
         「12」 沼津宿  「黄昏図」  満月に沼津宿の家々や白壁の蔵が照らされる幻想的な光景。 男が背負う天狗面は、四国・讃岐の金毘羅宮の守り神。当時、伊勢参りに次ぐ人気だったという金毘羅参りの際には、こうした天狗の面を奉納するのが決まりごとになっていた。
 一方、その前を行く巡礼姿の二人は、手に施しを受けるための柄杓を持つ。四国巡礼に向かう親子連れともいわれるが、諸国を旅しながら信仰を広める比丘尼との説もある。比丘尼は女性の出家者で、特に紀伊の熊野三山への信仰を説く「熊野比丘尼」が有名だった。
 自由な旅が誰でもできなかった江戸時代。庶民の「旅」といえば、こうした参拝の旅が大半だった。

      hiroshige026[1]

      「13」 原 宿  「朝乃富士」 画面の枠さえつき出た、悠々たる富士。


       

       hiroshige027[1]


        「14」 吉原宿  「左富士」  3人掛けの馬の背に乗る子ども。2人は左富士を見上げるが、一人はうたた寝中。
 「左富士」になった理由は、西へ向かっていた道が高潮の被害のため北向きに変えたためなった。 


   「東海道を歩く」のブログは以前も書いていますが、京から順に歩いたのではなく、季節や行事に合わせて歩いています。この部分は 「桜の花と雪を被った富士山」の写真に納めるという計画をたてた。そのため、出発日を4月1日にした。そして、この「東海道を歩く」のを目玉の一つにした。

IMG_2850

  昔は 渡船があり、旅人はそれを利用した。今は立派な橋を何の苦もなく渡る。

高野山 東海道 高千穂 真田祭 143

富士川渡船場跡

IMG_2833

水神の森

IMG_2830

 吉原宿に近づく。以前の吉原宿は今のJR吉原駅付近にあったが 度重なる洪水のため、北へ北へと移転し、現在の地に落ち着いたとある。

高野山 東海道 高千穂 真田祭 125

 平家越えの橋  源頼朝を討つため、平家は富士川の西側に布陣。富士川の水鳥の大群が物音に驚いて一斉に飛び立つと敵の襲来と誤認して平家の大軍は我先にと逃げ出し、源氏の軍勢は戦わずして勝利した所。
 この碑のたつ位置は 現在の富士川の東 6kmも離れているが、荒れる富士川が幾度も流れを変えていたことを示す。

高野山 東海道 高千穂 真田祭 132

  創業300年の旅籠。清水次郎長の定宿とあり、次郎長の編み笠をかけてある。
  この近くに、本陣跡の碑がある。

IMG_9888

IMG_9886

 富士山の豊富な地下水を利用して、紙やパルプ工場が林立し、富士市が発展した。

 高野山 東海道 高千穂 真田祭 118

 高野山 東海道 高千穂 真田祭 124

JR吉原駅付近からは、JR東海道線と国道1号線に沿って東進する。天候にも恵まれ、左手には絶えず念願の「桜の花と雪を被った富士山」が見えたので、二十枚前後の写真を撮った。


IMG_9819

   桜の花の向こうに「真っ白な富士山」が見えた。

高野山 東海道 高千穂 真田祭 121

 次の「原宿」まてに 間宿「柏原」の標識があったが、昔の建物は殆どなかった。

IMG_9830

 素晴らしい言葉を刻んだ碑が立っていた。


IMG_9642


IMG_9640



IMG_9694

 一里塚跡

IMG_9704

  街道筋に建っている説明板を読みながら、東進する。

IMG_9732

手前の山が、邪魔をしてしていて十分見えないがすっぽりと雪を被った富士山。
ここ「原宿」は、田子の浦があり、富士山を眺めるには最高です。
 万葉集にも、「田子の浦ゆ うち出でて見れば 真白にぞ 富士の高嶺に 雪は降りけり」 山部赤人の歌がある。   豆知識」を見てください。 

IMG_9777

 原宿の本陣跡

IMG_9782

沼津宿へは 見事に咲いた桜並木を通って行く。、



IMG_9762

IMG_9809

IMG_9793

IMG_9811

IMG_9819

 好天に恵まれ、一日中写真のような富士山を見ながら歩けた。

IMG_9740

 途中 是より東 沼津宿の標識があったので 沼津宿に入ったことになる。


IMG_9717

  沼津の町中に 「沼津の賑わい発祥の地」の説明板があるが、昔の面影を残すものは少なかった。

IMG_9697

  玉磨石   12・300年前 玉を磨くためにつくられたと石

IMG_9671
  
 綺麗な富士山が見えたがもうすぐ見えなくなるかもしれない。

IMG_9650

玉井寺一里塚   昔の姿をとどめていて珍しかった。

 もうすぐ、三原宿です

 豆知識」  旅人を見守り続けた富士山

                   天下の名峰富士山のベストスポットとは?

 富士山は、今でも人気があるが、当時の旅人にも特別な思いがあった事でしょう。(広重も川崎・平塚・箱根・吉原などで富士が描かれている。)                         

 一つ目は 東海道で一番間近に見える原宿からではないか。
    今回のブログ 東海道を歩く 14 参照    

 二つ目は、薩埵峠からではないか。(特に雪を被った富士山)      
    東海道を歩く 19 を楽しみにして下さい。

 三つ目は、箱根からの富士山ではないか
    東海道を歩く 15 を楽しみにして下さい。
     

  霊峰を崇める「富士講」ブーム

   富士は単なる名勝地と言うだけでなく、信仰の対象でもあった。太古より霊峰として崇められ、修験者(山伏)たちは修験の場とした。
 江戸中期には、富士信仰が庶民にまで広がり、信者たちは「富士講」と呼ばれるグループを組んで登拝し、現地に行けない者は、代わりに各地の富士塚に参った。
 富士詣は、大山詣や伊勢詣等と同様の宗教行事であった。
 
 私も富士山に2度登っている。 1度目は1957年の成人の年の20歳の時、仲間と登った。
  私の足跡 2 に記載
 2度目は約20年後、研修会の帰路登った。私の足跡 4 に記載


   万葉集と新古今和歌集に次の歌が載せられている

 
  万葉集・・・・・・・田子の浦うち出でて見れば真白にぞ 富士の高嶺に雪は降りけり

  新古今和歌集・・田子の浦うち出でて見れば白砂の 富士の高嶺に雪は降りつつ

 作者はどちらも山部赤人である。どうして違いがあるのだろうか?
 新古今の選者である藤原定家か誰かが読み替えたのか、500年の時を経て自然に読み替えられたは想像するしかない。

 意味は
  万葉集では 「」 は経由ので、通ってと解釈する。
   田子の浦を通って視界の開けた所まで出てみると富士の高い所には真っ白な雪が積もっていた。

  新古今和歌集では
    田子の浦まではるばる来てみると富士の高い所は真っ白になっている。今でも降り続いているのだ。
  


drecom_yama_ya617 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ウォーク  東海道完歩