私の足跡 9 伊吹山と北海道の名峰 利尻山・旭岳 私の足跡 11 高見山 と 至仏山・日光白根山 と 八甲田の大岳

2008年06月01日

私の足跡 10 大山 と 谷川岳・燧岳

2001年7月22日

 D氏S氏M氏と大山へ

daisen1.jpg

 5時に家を出、6時に金剛駅でM氏の車に乗せてもらい、大山寺登山口着、9:00。
9:30発。天気もよく、視界がよく最高の気分だった。但し、森林限界を越えたあたりから暑くて汗ビッショリだった。   中国地方の最高峰・大山の頂上(1711m)着、12:00。


daisen2.jpg
頂上でのM氏が持ってあがってくれた冷たいビ-ルの味は、頂上からの四方の景色の素晴らしさと相まって最高の味がした。
40年ほど前に登った記憶は殆んど残っていない。
 崩壊危険のため、実質的な最高峰・剣ケ峰(1729m)には今は行けなくなっていたのは残念だった。


daisen3.jpg
 頂上発、13:30。帰りは、有名な大山の北壁を見ようということで、登りと道を変えて元谷に降りた。    
 そして、大神山神社と大山寺ヘ寄って見学したりしたので16:30着。
 そして、車で中国自動車道を通り、帰阪。        

帰宅、21:30。




 2001年8月1~4日

 S氏と谷川岳・至仏山・燧岳へ。

 二日目


 前日は夜行バスで大阪を発ち、早朝に東京に着く。
 tanigawa7_1.jpgそして、上毛高原駅よりバス等を乗り継ぎ、谷川岳の登山口へ。
 約1時間ほどはゆるやかな登りだったが、その後の1時間半は、樹林帯を抜け出て岩が露出した急登の尾根。やっと避難小屋前に到着
tanigawa5_1.jpg







この山は双耳峰で最初はトマの耳(1963m)へ。そして、約30分足らずでオキの耳(1977m)へ。tanigawa6_2.jpg

  天気はよく、四方の景色は抜群だった
下山して、バスで戸倉へ。そして、[ロッジまつうら」で宿泊。宿の主人は気さくで好々爺の人だったが 当地方の観光協会の会長さんで、山渓の雑誌に投稿したり、TVにも 出演している山のベテランとわかる。私達の山の計画を話すと至仏山は下るより登る方が良いとのアドバイスを受け、当初の計画の変更をして燧岳を先に登ることにした。その夜は 親父さんの尾瀬の話をゆっくり聞かせていただいた。                    

 三日目

 3:00、起床。3:30、主人の車に乗せてもらい出発。大清水着、4:00。
 tanigawa4.jpg最初は暗くて、ヘッドランプをたよりに歩き始める。
 明るくなった三平峠で朝食。峠を越え、尾瀬沼へ。
やっと、目指す燧岳が姿をあらわした。ここで水の補給をするつもりだったがうまく出来なかった。利尻山の悪夢にならぬよう心がけた。
 最初はゆるやかな登りだったが最後の2時間ほどは急登と暑さで苦労した。
 

 

tanigawa3.jpg
 途中、急に視界が開け、眼下に尾瀬沼が姿を見せてくれた。眼下の景色を見てここまで上がってきたのかといつもホットし、後少しだと自分を元気づけている。
  この燧岳も谷川岳と同じように双耳峰で初めは柴安ぐら(2356m)、そこから約30分足らずで巨岩多く三角点のある俎ぐら(2346m)へ。祠もあった。11:00、着。tanigawa2.jpghiuchi.jpg












  いつものように、無事登頂を携帯電話で報告。天気は快晴。頂上からの風景は尾瀬ケ原から至仏山までは箱庭のような景色だった。宿泊地の下田代までは樹林帯の中の長い長い急な下り坂。朝からおいつ追われつの若い登山者は水不足で困っていたがどうすることも出来ない。14:30、着。約30後、若者も無事下山。小屋前の水飲み場で美味しそうに飲んでいる姿を見て、ホットし、昨年の利尻山の悪夢を思い出した。
 携帯電話はここでは通じなかった。第二長蔵小屋に泊まる。散策をしたりしたが、2年前の春とは景色はぜんぜん違い別世界のようだった。ゆっくり過ごす。
 夜、川崎の男性が登山が終わってホットしたのか酔っ払って、何度も起きて動くので、眠れず睡眠不足でマイッタ。
 山小屋で酔っ払って仲間に迷惑をかけるとは言語道断。許せない。

 四日目

 4:50に小屋を出たが、天気は悪く山の鼻の手前から雨が降り出す。
 山の鼻の小屋の従業員の人達の話では、降り続くかもしれないが、たいしたことはないだろうと言う意見があったので、少しでも早くと思い、急ピッチで登る。
 途中何人かを追い越す。森林限界を越えるあたりから足元は蛇紋岩であるので滑りやすくて登り難くなった。雷鳴も遠くから聞こえるようになった。足元を水が激しく流れるようになった。
 頂上まで、後1時間ぐらいという所まで来ると雷鳴が頭上で聞こえるようになつた。雨は我慢できるが、雷は生命にかかわるので、登山を中止し下山することにした。道は川のように水が流れている。とにかく、樹林帯まで急ぐことにしたので、途中何人かを追い越す。そして、山の鼻の小屋へ。出発の準備を終え、雨のため様子をみている団体のり-ダ-やその他の人たちに様子を聞かれ、相談を受けた。
 小休止をした後、75分かかると書いてある鳩待峠までの上り道を、登山者をごぼう抜きに追い越して45分で登った。S氏と自分達の老人パワ-にビックリ。
 戸倉で、一昨日の宿『ロッジまつうら」に寄り、風呂を借り、新幹線で帰宅。


 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
私の足跡 9 伊吹山と北海道の名峰 利尻山・旭岳 私の足跡 11 高見山 と 至仏山・日光白根山 と 八甲田の大岳