2008年11月15日

私の足跡 21 根子岳と四阿山登山

 2007年10月19~20日

 ツア-でS氏M氏と根子岳と四阿山へ
 
 一日目

 8時に難波でM氏とあい、バスに乗る。京都でS氏も乗り込む。
 バスは黒斑山(浅間山)行きの人たちと同じなので混み合っていた。

 二日目

 バスの中ではよく眠れた。予定通り、5時に登山口着
img20081021.jpg

 トイレ、洗面、朝食後登山の用意。不要な荷物をバスに残す。菅平高原牧場を6時出発
img20081021_1.jpgimg_2771.jpg 








  
  
 出発後、牧場の近くの道を登る。熊笹と白樺に覆われた道だ。
 乳牛がそれぞれ朝露のついた草をおいしそうに食べていた
img20081021_2.jpg

 しばらくすると森林限界を過ぎ、下界の景色も見え始める。うれしい事に雲もなく、良い天気らしい。img20081021_3.jpgimg_2799.jpg











 アップダウンの道を登っていると目指す頂上が見えてきた。そして、根子岳頂上(2207m)着、8時。

 頂上は広い山頂の石垣の上に祠が祀られ、ここからの眺望も素晴らしかった。また、「花の百名山」なのでシ-ズンはとても良いだろうと思う。
 天気も良いので見晴らしも良かったので、予定の20分間はアット言う間にすぎた。

 これから、頂上はぼんやりしてはっきり見えないが四阿山へ出発。
 すぐに急下降が始まる。ガレ場で滑りやすいので足元に気をつけて降る。
 
img20081021_4.jpg

 根子岳と四阿山の最低鞍部が見えて来た。

img_2860.jpgimg_2862.jpg









 最低鞍部からの登り返しが始まる。熊笹に覆われた急登だ。
 もくもくと登っていて、ふと横を見ると笹の葉の上に雪があるのに気がついた。「アッ、雪だ。」と言うと皆もビックリ。
さすが信州の2000mの高さになると10月中旬でも雪があるのだ。

 
img_2871.jpg
急坂を一時間足らず登ると明るく緩やかな道になり、
img_2886.jpg
しばらくすると木造の階段が見えるとその前方に頂上らしきものが見え、ホットする
img_2918.jpg

 四阿山頂上(2354m)着、10:00。ガスが出て、視界も良くなかった。 リ-ダ-の判断は皆が揃って昼食と思っていたが身体が冷えるので到着した者から食べさせてもらうようにした。そして、寒いからできるだけ早く下山するようにした。頂上発、10;20.
img_2956.jpg img_2927.jpg









 下山を始めるとガスも薄くなり、見晴らしが良くなってきた。

 下界の樹木が紅葉し、足元の草木も赤くなる草紅葉も綺麗で、気分良く下山する。
img_2981.jpg

 ふと振り返って右の方を見ると高斑山(浅間山)の頂上は真っ白な帽子を被っていた。 途中、中四阿山頂上にも寄り、菅平高原牧場の近くに下山。
 20分足らずでバスの停車している場所に到着。13:00。
 近くの道の駅の風呂に入り、14:00発。
 難波 21:48の電車に乗る。




 




2008年11月01日

私の足跡 20 奈良の灯火会と焼岳

2007年8月24・25日

 ツア-の夜行バスでK氏とM氏で焼岳へ

 このツア-は昨年も行ったが私の体調管理の不行き届きの為断念し、M氏にも迷惑をかけたリベンジの山行です。

 一日目

  日程を有効に使えないかと考え、近くで行われている行事を探した。
  (昨年は奈良の灯火会の写真撮影をして登山に向かった)
img_4012.jpg
  その結果、京都の念仏寺の写真撮影に行くことにした。
家を早く出、難波15時、念仏寺の写真撮影に行ったが、境内は狭いため三脚は使用禁止。img20081013.jpgimg_4010.jpgそのため、夜間の撮影は出来なかったので昨年の奈良の灯火会の写真を使用した
 京都の竹田駅で一時間待って、バスに乗る。今回の参加者は23名でゆったりしていた。
 車内は前回に比べよく眠れた。

 二日目

 3時、平湯着。到着後なかなか眠れない。4時から出発の準備。
 5時にバスは出発し、登山口へ。5時半、登山開始。天気はよいが涼しくまた森林の中なのでピッチが上がる。img20081013_1.jpgimg20081013_2.jpg
 
 
 







 
  
 森林限界が過ぎると急に目指す焼岳が目前に姿を現した。皆も歓声をあげる
 でも、森林限界を越え、日ざしの強い時間になってきたので辛くなる。また、急登が始まる。 途中、めずらしく娘から携帯に電話。感度良好。焼岳登山中と話すと娘もビックリ。
img20081013_3.jpg

 やっと頂上直下になり、振り向くと笠ヶ岳(2897m)が眼前にくっきり姿を見せた。  50年前とは山容は変わっていないが初めて泊まった山小屋はすっかり変わっているでしよう。
img20081013_4.jpg

 硫黄臭が鼻につく噴煙も眼前の噴気孔から音をたて噴出していた
 焼岳北峰頂上(2393m)着、9時半。残念ながら三角点のある南峰(2455m)へは立ち入り禁止。
img20081013_7.jpg

 天気は良く、180度視界抜群。先ほどの笠ヶ岳をはじめ西穂・前穂・奥穂・北穂の穂高岳連峰から槍ヶ岳までの素晴らしい姿が眼前にある。50年程前に槍・穂高を縦走した時の苦しさを思い出し感慨にふける。
img20081013_6.jpg

 写真にたくさんおさめた後、下山開始、10:00。コ-スは上高地への下山道をとる。
 途中、中尾峠までは急な下り坂の連続で、それに火山独特の火山礫や火山砂でマイッタ。
img20081013_8.jpg
 振り返れば焼岳の頂上が見下ろしていた
 静かな佇まいの焼岳小屋で昼食。ホット一息。下山開始、11:00.しばらくしてまた急な坂道。
img20081013_9.jpg
 それに梯子や鎖の連続
 梓川の近くの焼岳登山口までくると道も緩やかになる。1時間足らずで人の賑わう上高地へ、13時過ぎ。
 平湯へ15時過ぎ。温泉で汗を流し、水分補給を。
 帰宅、20時半頃。
 
 






2008年10月15日

私の足跡 19 東北の名峰 鳥海・出羽三山・苅田岳  


2006年9月15~18日
img_4188.jpg
M氏と東北の名峰 鳥海山・出羽三山・蔵王山へ
                    
 一日目

 大阪発の夜行寝台列車「日本海」で出発

 二日目

 寝台列車なのでよく眠れ、身体を横にしていたので楽だった。
 夜明けと共に、太陽も見え天気もよさそう。
 象潟着、7:39。タクシ-の値段交渉をし、矢島の登山口へ。
 皇太子殿下もこの登山道を使い鳥海山に登ったと運転手に聞く。
 9:00,登山開始。
 



img_4197.jpg

最初は高山植物の咲き乱れる湿原の木道を歩くがすぐに急登の連続となり、後方に見える頂上を目指す。
img_4205.jpg
 一時間ほど急坂を登っていくと、さすが、豪雪地帯にそびえる山なので高度は低いが途中に雪渓が多くあったのでその上を歩くが、夏の終わりなので解け始めていたので足元に充分に気をつける。
img_4245.jpg

 急登があったり、緩やかな登りがあったりした登山道だった。
 火山の山だけあって、頂上に近づくと火山岩や火山礫ばかりで気をつけて登る。
 天気も晴れて自分達の登ってきた道や下界の景色が良く見えたり、ガスって見えなかったりだった。
img_4260.jpg

 標準より速く、3時間半で頂上(2236m)に着いた
 この鳥海山は飛行機で何回も見て一度は登りたいと思っていた憧れの山です。10月の末か11月にこの上を飛行機で飛ぶと頂上付近が真っ白で、独立峰なのですぐわかる素晴らしい姿の山です。img_4299.jpg
 頂上からはガスで駄目な時もあったが、時々見せてくれる景色は素晴らしかった
 帰りも、同じ道を3時間で下山。
 予定より一つ早い列車に乗れたので、宿泊地の鶴岡にも早く到着し、明日からのレンタカ-についての話ができた。(昨年の反省から)
 宿舎に電話をして迎えにきてもらう。
 お客は二組でおかみさんともゆっくり話せた。

 三日目

 早朝、主人に駅まで送ってもらい、昨日交渉しておいたレンタカ-を借り、8:00にM氏の運転で出発。月山の登山に向かう。
img_4271.jpg
大きな鳥居をくぐり、登山口へ車を走らす
 9:00、登山開始。img_4289.jpg

 初めは高山植物の咲き乱れる湿原の木道を歩くがすぐに急登の連続となる。
 
 途中の仏生池小屋付近には、山岳信仰の山らしく石仏がたくさんあった
 
 行者返が終わるまでは急登だったが後は割りに緩やかな道で気持ちの良い登山道だった。
 
 出羽三山の主峰・月山(1984m)の頂上には12:00に到着
img_4304.jpg

 立派な月山神社があり、我々も健康と登山の無事の祈祷してもらった
 頂上からの景色は、昨日と同じくガスが多かったが、時々見せてくれる景色は素晴らしかった。
 登山口着、15:00。
 鶴岡までの帰途、出羽三山の二番目・羽黒山に参る。
img_4322.jpg
ここには、月山・湯殿山・羽黒山の三社を合祀した出羽三山神社がある。冬季には月山・湯殿山に登ってお参りできないのでここにお参りすると三神社にお参りしたことになるとのこと。それで、この神社のスケ-ルの大きさにびっくり。
img_4335.jpg
 



































少し離れた所ある国宝の五重の塔の見学
。当時は白木作りで、釘一本も使用していないそうです。明治の廃仏毀釈の時、仏像のかわりに神様を祭り、難を免れたとも書いてあった。
 その後、連泊したので昨夜の宿舎へ。部屋に置いてあったお酒を冷蔵庫に入れて冷やしておいてくれた。
 明朝の出発は早いので宿泊料の支払いを済ます。

 四日目

 6時に宿舎を出発。出羽三山最後の山・湯殿山にむけ出発。
 早く出すぎたので有料道路は係員はいなかった。湯殿山の境内に入るのも早すぎて入れなかったが交渉して入れてもらった
img_4345.jpg
img_4349.jpg

 ここでも、祈祷料を払い健康と安全をお願いした
 ご神体は 小山の岩からお湯の出る岩山で素足になれば登らせてくれた。
 ご神体ですので、写真撮影禁止。あまり詳細を記してはいけないそうなのでやめておきます。
 台風が接近しているので、急いで蔵王の刈田岳へ向かったが頂上の駐車場では雨がひどく降ってきたので登山を中止し、台風の来ぬ間に帰ることにした。
 山形でレンタカ-を乗り捨て、山形発、15:05分発の新幹線で東京へ。
 そして、新幹線を乗り継ぎ新大阪へ。帰宅、21:00前。