2018年07月06日

私の足跡 204 お宝拝見! 橋本市の文化財探訪 1


     私の足跡 204

  
お宝拝見! 橋本市の文化財の探訪   1

 
今回より、歴史の古い自分の住んでいる橋本市の文化財を 市民に案内をするという企画をたて沢山のお客様を案内しました。
 より、詳しくということで7回に分けた。そして 各地の行事等も考慮して日程も立案したのが良かったと思う。

 第1回  1月 23日 (水)

 隅田駅に9時に集合し、最初の見学地の隅田八幡神社にお参りして
宮司様より説明をして頂きました。

  2b70a6c8[2]
  貞観元年(859年)に、神功皇后が外征後、筑前国から紀伊の衣奈浦(日高郡由良町)を経て大和の都に御還幸の途中、八幡社を勧請したのが創祀であるといわれています。

  08a4768c[2]
  隅田八幡神社に伝わる青銅鏡「国宝・人物画象鏡」は、直径19.8cm・重さ1434gあり、背面内区には人物や騎馬像をあらわした画像文が描かれ、外区には48文字からなる銘文が鋳出されています。
        

 
  次は 建物は国の重要文化財に指定されている利生護国寺に参拝。住職さんの案内で本堂へ。ご本尊の大日如来の前に集合し、住職さんのお話を聞いていると雨が降り出した。

  81404b88-s[2]
 予定では 外の庭を借りて 昼食をとお願いしていたが雨のため 住職さんの好意でご本尊の大日如来の前で頂くことにした。

  o0540096013957219515[1]
 
この松は、太閤駒繋ぎの松と言われ、豊臣秀吉が高野参詣のおり馬を繋いだものと言われています。

 食事
が終わる頃 雨も止み 次の見学地 暗闇峠に向かう。



   a1b8441a-s[1]
    峠といえば 坂を登って 下る所だが ここは その逆さまで峠の文字も上のように書いている。 
 ここもかつては鬱蒼と木々の茂る風景だったのだろう。 
 でも、普通の峠と同じように茶店もあり、峠には名物「夫婦饅頭」が売られ賑わった所であったと
「紀伊名所図会」にある。

  
  712a0a91-s[1]
  奈良の都から和歌浦への行幸に付き添った人が「妻」という在所に来た時に詠んだ万葉集です。
     
紀の国に
       止まず 通はむ
              妻の杜
                 妻よしこせね
                       妻といひながら

 
   次は この付近では最大の古墳「陵山古墳」の見学。

   直径は約45メートルにも及ぶ和歌山県下最大の円墳です。墳丘は3段に築成され、周囲には周濠(しゅごう)がめぐらされています。石室は石材を小口にして持ち送りに積み上げられたもので、南東方向に開口しています。入口から羨道部(せんどうぶ)を通り玄門(げんもん)とみられる狭まった空間を経て遺体を葬った玄室(げんしつ)に至ります。

   51837f18[2]
  
石室羨道部から内部を見る
  この古墳の築造年代は5世紀末から6世紀初め頃と推定されています。近年、開口している石室羨道
  部の壁が噴き出し、崩壊の危険が高まったため石室内に砂を充填する措置がとられました。

  
次の見学先は 応其上人が里の寺を再建したといわれる「応其寺」です。

  377c752f[2]
 
  木喰応其上人は、秀吉と交渉して高野山を戦火から守っただけではなく、秀吉の熱い信任を得て金堂の再建や数々の寺社の建設・改修をして、高野中興の祖と呼ばれます。また紀の川を渡るこの地に橋をかけ、橋本の名の由来となる事業も手掛けます。

 橋本は、秀吉を後ろ盾にした応其の安定した統治によって急激に発展することとなる。応其は、大和・紀伊・和泉など領地であった弟の豊臣秀長と親交が深く、その時期に様々な寺や宝物の寄進のほかに、大きな特権を得ている。
その秀長が橋本の町に認めた特権が「永代諸役免除」(永久免税)と、「塩市の開設」である。
 


  本日の最後の見学先は 真言律宗「妙楽寺」です。

e51f638b-s[2]
 妙楽寺は弘法大師・空海の創建と伝えられる。市教委によると、入り母屋造りで本瓦ぶきの鐘楼門(高さ約6・5メートル)は、鬼瓦の銘から江戸時代中期の宝暦9(1759)年に建立されたとされる。 屋根にはシャチホコが施され、2階部分に鐘がつるされている。 
  木造建築としては市内で唯一の鐘楼門形式の建造物で、江戸時代中期の建築文化や意匠、技法を伝えているため、市指定文化財に決まった。

 本堂は老朽化のため取り壊されたが、平安時代後期とされる本尊の木造薬師如来坐像2体と木造大日如来坐像1体(3体とも 県有形文化財)は市郷土資料館に寄託されている。


  



drecom_yama_ya617 at 08:50|PermalinkComments(0)橋本市の探訪 

2017年06月05日

私の足跡  203  中・下高野街道を歩く 7

私の足跡  203

    
 中・下高野街道を歩く  7 

    
今回で 「中・下高野街道を歩く」 の最終回。  今迄 木曜日 に歩いていたが 今回は6月7日にゴールの「四天王寺」に到着するためです。その理由は、四天王寺の近くに、昨年の大河ドラマ「真田丸」の主人公「真田信繁」が最期を迎えたといわれる6月7日に「安居神社」に立ち寄ることにしたからです。



   本日のスタートは 前回の終了地点「北野田駅」とする。


CIMG2551[1]

CIMG2510[1]

CIMG2524[1]

CIMG2538[1]
  しばらく歩くと、街道跡の名残の残る建物が多く 連なっている。 私たちは当時の面影を思い浮かべながら楽しく歩くことができた。 

CIMG25401[1]
   また、町筋に上記のようなお地蔵さんも祀られている。きっと、旅人もここで旅の安全を祈りながら歩いたことでしょう。

CIMG2327[1]CIMG2531[1]

  また、道標もあちこちにあり、旅人もこの道しるべを頼りにして歩いたことでしょう。


CIMG2452[1]CIMG2420[1]

  上のお地蔵さんは  旅の安全を祈るお地蔵さんが道しるべも表しているものです。 



CIMG2475[1]
 堺市の美原区を過ぎ、松原市に入ると「布忍神社」ある。
 この神社は、明治以前は牛頭天王を祭神とし、薬師如来も祀り神仏混合でした。
 

CIMG2443[1]

麻美許曽神社    大同年間(806年~809年)の創建といわれる

CIMG2388[1]

CIMG2389[1]

  「山坂神社」  大小いくつかの力石があった。


CIMG23861[1]

大阪府下では住吉大社の楠の次に古い、樹齢800年の木であると言われている。


CIMG2362[1]

桃ケ池公園 古くから脛ケ池・百ケ池・股ケ池と呼ばれ、廃川となった猫間川につながっていたといわれている。


CIMG2341[1]

 近鉄「阿倍野橋駅」に到着。これを横切るために駅舎を横切り、北上する。


CIMG2337[1]

今度は、JR天王寺駅を横切るためには 地下に潜り込み北上する。

CIMG2319[1]

庚申堂 「42代文武天皇のとき疫病が大流行した。この時四天王寺の僧豪範が庵を結び一心に仏の加護を祈ったところ、大宝元年(701)正月7日庚申の日に青面金剛童子の像を授かり、これを安置してお祀りしたところ疫病が治まったといわれ、以後60日ごとの庚申の日は参詣の人でにぎわう。特に正月の庚申さんは有名。 この庚申堂東側の道(四天王寺南門~西田辺あたりまで)を庚申街道といい、摂津名所図会にも記述されている谷の清水がある。」(天王寺区ホームぺジから引用)


CIMG2306[1]

四天王寺    聖徳太子が推古天皇元年(593)に建立
 
 四天王寺は、推古天皇元年(593)に建立されました。今から1400年以上も前のことです。『日本書紀』の伝えるところでは、物部守屋と蘇我馬子の合戦の折り、崇仏派の蘇我氏についた聖徳太子が形勢の不利を打開するために、自ら四天王像を彫りもし、この戦いに勝利したら、四天王を安置する寺院を建立しこの世の全ての人々を救済する」と誓願され、勝利の後その誓いを果すために、建立されました。(四天王寺のHPより)

th[3]

大坂夏の陣で真田幸村が戦死したのが安居神社境内といわれています。いわゆる終焉の地です。


thTXPWJGOF

 慶長二十年(1615)五月七日、天王寺口の茶臼山に布陣した真田幸村は、毛利勝永らとともに徳川幕府軍と大激戦を繰り広げます。一時は幸村や勝永らの獅子奮迅の戦いぶりに幕府軍が大混乱になり徳川家康を窮地に追い込むものの、大兵力の幕府軍相手に戦の流れが変わり、退却の途中、真田幸村も力尽き、安居神社境内の一本松(さだめ松)の下で休息しているところを松平忠直隊の武将(西尾仁右衛門)に討ち取られて首は徳川方に差し出されています。   享年49。


  この「街道歩き」シリーズのの目的は 1つは 「 中・下高野街道を歩く」  と 2つ目は 「昨年の大河ドラマ「真田丸」で九度山に蟄居されていた「信繁一行」が和泉山脈を越え、大阪城まで歩いたと思われる道を歩いてみる」 ことでしたが やつと到着した。

     


drecom_yama_ya617 at 11:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ウォ-ク 高野街道 

2017年05月23日

私の足跡  202  中・下高野街道を歩く 6


私の足跡
  202

    
中・下高野街道を歩く 6
 
今回は、天野山 金剛寺をスタートすることにする。
  今、金剛寺は、話題になっている。それは、
元禄時代の修理から300年間、大規模な修理は行われていませんでしたが、平成21年度より約9年間、総額約165千万円の費用で解体修理をしています。。また、金堂に安置されていますご本尊の大日如来坐像、脇侍の降三世明王坐像(ごうざんぜみょうおうざぞう)不動明王坐像、の三躯(さんたい)の仏像も修理することになりました。(私達がお参りしていた頃に 国宝に指定されました)
  桜で有名なこともあり、4月7日にスタート。(下見に行った時に 係りの人に そのころは 桜も見ごろだし、工事も終わりかけているとの話があった。)

 桜は見頃で 参加者に喜んでもらったがまだ工事中で その音がひどくて困った。

 この金剛寺は 平安時代より女人高野であること や 南北朝時代のある時期に南朝の後村上天皇の行宮であったりとかで有名な寺である。


thML536M59


th[10]

 桜と寺院建築の風景を楽しん後、出発。


 今度は この
天野山 金剛寺への参詣道として、賑わった道・天野街道を歩くことにする。

th004WLE8J

 楼門を
ると 小川と白壁にまれて小道を進む。

 のんびりとした集落の中を進む。

 

thVPGE34X8

 集落を過ぎると 周りが田畑が広がり、遠くの山がくっきりと見える。

 南には 1回目に越えた岩湧山と5回目に越えた蔵王峠が見え、その時のことが話題となる。 
 東には 水越峠を挟んで金剛山と葛城山。そして更に北を見ると双耳峰の二上山がくっきりと。

CIMG2649[1]
img_14[1]
1時間少しで 穴地蔵に到着。子宝に恵まれるというお地蔵さん。
地元の人達や遠方の方々に大切にされているようでお花やお供え物が沢山ある。
この付近 堺・河内長野・大阪狭山市の市境である。

ここからは 河内長野市とも別れ、堺市と大阪狭山市の市境(河内と和泉の国境)に設けられて天野道を更に北上をする。 

thQR2HG1VG
道は 上記のように尾根に沿って造られ、今熊から大野西までの区間は遊歩道「あまの街道」として整備されており、散歩やジョギング・ハイキングにも人気のコース。
 国交省の「手づくりの郷土賞」・「大阪の道99選」にも選ばれている。

thVHTAT6WF

サイクリングコースにもなり、時々自転車も通る。

amanokaido08[1]

ベンチは所々にあり、また東屋が2か所あり、整備も行き届いて歩く人には最高である。

amanokaido06[1]
道の両側には コナラの木がびっしり植栽 されている。


amanokaido03[1]
最後は 西高野街道に合流し しばらく西高野街道を歩く。

c0aeb2e598fcffec[1]

西高野街道を分かれてしばらく歩くと狭山池に到着。この狭山池は、人造湖としては日本最古といわれ、古事記や日本書紀にも記載され、昨年築後1400年祭りが行われた。

20160404-00000008-wordleaf-032f19a74a45126142d18d9bc31508948[1]

photo5jpg[1]
狭山池公園に到着すると小彼岸桜が満開で私たちも楽しむことができた。

そして、池の堰堤にある「狭山池博物館」に到着。


th[8]
  平成13年(2001)、大阪狭山市にオープンした狭山池博物館です。
 斬新な建物のデザインは、日本の代表的建築家・安藤忠雄氏の設計によるものです。


5fbfa385-s[1]

sayama_m45[1]

 
そんな狭山池の改修工法や堤の実物などを時代ごとに7つの展示ゾーンへ分けて保存・展示しながら、日本の土木と治水の歴史の紹介を行っている


 見学後、次回の出発地「北野田駅」へ。




drecom_yama_ya617 at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ウォ-ク 高野街道